サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

あと少し!

カラー装着でなんとか留守番できました(1回発作が起きちゃったけど)。
しかし昨日からWEBカメラの調子が悪く、パソコンからもケータイからもアクセス出来なくて、WEBカメラの買い替えを検討中です。
どこのがいいかな~。

********************************

そして本日も有休取って行ってまいりましたよ、怜音ちゃんのお目目の病院へ。
右眼はすっかり綺麗になったそうです。
角膜の凹みが戻るのはまだまだ時間が掛かるけど、炎症も治まり、フルオレセインの検査でも良い感じです。
眼圧は左12、右28とやっぱり右は高めですが、大きな変動は無し。
涙量は左15、右22で、左は今までで一番多いとはいえギリギリ基準値。
右は、ドライアイになりやすいという緑内障の目薬「チモプトール」を使っていてこの量なら「良いでしょう」とのこと。
左は症状無しなので、涙量は少ないけど特に処置は無し。

右目の角膜ですが、現在目薬は「ロメワン」を1日3、4回、緑内障対策の「チモプトール」を1日1回なのですが、本日は「ベストロン」が出ました。
ロメワンが終わったらベストロンを1週間使ってまた受診です。
なので次は月末くらいになるかな。
凹みが元に戻るのはまだまだ時間がかかりますが、角膜の治療はそれで終わりになりそうです。
念のためまだカラーは装着。
もう大丈夫かなとは思うけど、この「大丈夫じゃね?」というときがアブナイ。
せっかくここまで来たのだから油断せずに頑張ろう。

ところで目薬の「ベストロン」。
実は前の病院で目ヤニ対策として2度目に出された目薬です。
(その時は全く効果が無くて、「クロラムフェニコール」に変更し、これも全く効果無しだった)。
私は薬が出ると必ずネットで添付文書をダウンロードして副作用や注意事項などをチェックします。
この「ベストロン」、粉末を液体に溶かして使うのですが、防腐剤が入ってないため添付文書には

溶解後は、冷所保存で7日以内に使用し、その期間を過ぎたものは使用しないでください。

とあります。

ネットで調べても人間の眼科の先生も獣医さんも「使用は1週間」とあるものばかりだったので、前の病院で出たときに先生にそのことを訊いたのですが「1ヶ月くらいは大丈夫」と言われました。
でも今の先生はやっぱり「1週間しか使えないから使い始めたら1週間で来て」とおっしゃってました。
先生によって違うにしても1週間と1ヶ月じゃ違い過ぎるよね。
病院変えて本当に良かった。

*****************************

病院の後はグー。
2018-DSC01150.jpg

お疲れ様。
2018-DSC01152.jpg

でも人がご飯食べようとすると一瞬でやってくる。
2018-DSC01153.jpg

怜音ちゃん、残念ながら君にはお昼ゴハンは無いのだよ。
2018-DSC01154.jpg

うーん、でも病院頑張ったからほんの少しフードをあげよか。
2018-DSC01156.jpg
ほんのちょっとだよ。

梅雨明けする頃にはカラーも卒業してシャンプー&川遊びもオッケーになるといいな。
もうひと頑張りだ!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

エリカラ生活2週間

今の眼科に転院して2週間になります。
3ヶ月も悩まされた目ヤニは一晩で改善し、角膜の傷も順調に良くなっており、緑内障についても方向が見えてきて、なんだか色々ホッとしました。

そして本日も病院へゴー!
本日のメニューは

フルオレセイン検査
眼圧測定
角膜注射

です。

フルオレセインの検査ではほとんど色が付かなくなりました!
眼圧は本日は左17、右はちょっと高めの33。
角膜注射もしてもらいました。

ホルネル症候群やKCS(乾性角結膜炎)のことなど、色々お話も聞けました。
我が家に近かったらここを掛かりつけにしたいなー。
でも車で1時間じゃね、掛かりつけにはちょっと遠い。
目薬は変わらず「ロメワン」。
そして眼圧対策として念のために「チモプトール0.25%」を1日1回で再開。
エリカラも継続。
次の受診は少し間をあけて一週間後になりました。
また有休取らなきゃ。

怜音ちゃんは元気です。
2018-DSC01147.jpg

カラーも全く気にせず、ガンガンぶつけながら生活してます。
2018-DSC01149.jpg

結局昨日は心配だったのでお昼で早退しちゃいましたが、明日は一日留守番にチャレンジです。
怜音ちゃん、頑張れ!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

経過良好カラーは続く

水曜は私が昼で早退して、怜音ちゃん(カラーも)無事でした。
そして木曜は何故かおとーさんが休んでくれて無事でした。
これでなんとか一週間乗り切れた!

金曜は私が休み取って病院です。
フルオレセイン検査でキズの引っ込みが少し浅くなってることが確認できました!
順調に良くなってます。
もう右目は全くショボショボしないし、左目と変わりなくパッチリです。
涙量は悪い方の右目は22と充分なのに対し、なんともない方の左目が11と少なめ。
でも左目は症状がなーんにも無いので、ただ涙が少ないだけという状態らしいです。
とにかく右目をしっかり治すのが先。
目薬は引き続きロメワンだけ。
次は来週火曜の受診です。
また角膜注射するみたい。
念のためエリカラも続行。
2018-DSC01129.jpg
怜音ちゃん、お疲れ様。
また火曜日も頑張ろうね。

金曜午後からは、ちょっと心配ではあったけどおとーさん実家へ行ってきました。
2018-DSC01130.jpg
もちろん家にいる時と同様、ゴハンの時以外はエリカラです。

おじーちゃんの畑作業をおとーさんが手伝うのを応援。
2018-DSC01131.jpg

ムスコと一緒に作業、おじーちゃん、嬉しそうでしたよ(弟は絶対やらないからね)。
2018-DSC01139.jpg
今回は怜音ちゃんのお目目のことがあるから一泊で帰ってきました。
心配だったけど、まぁ無事に帰ってくることが出来ました。

*********************************

右眼、いやもう、良くなってきて嬉しいです。
この数ヶ月はなんだったんだろう。
あのまま様子みてたら目ヤニもキズも治らなかったと思います(キズは悪化してたかも)。
何種類も使ってた目薬も今は1コだけ。
点眼がぐっとラクになりました。
2018-DSC01146.jpg
怜音は最初からカラーは全く気にしないし、目薬も嫌がりません。
月曜は一日お留守番出来るかな~。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

エリカラ生活は続くよ

昨日はおとーさんが休んでくれたので、久しぶりにお仕事してきましたよ。
2018-DSC01116.jpg
それで「ワンちゃんの具合が悪くて・・・」と、しばらくの間休んだり早退したりさせて下さいって言ってきました。
これまでも怜音ちゃん都合で休む時は「犬が・・・」と言ってきたので、「え?犬?」と思われても全然気にしません。

さて、そして本日もお休みして、朝イチで病院へ行ってきました。
右眼の具合はまた少し良くなっていて、眼圧も、「朝、目薬何も点けないで来るように」との先生の指示通り、トブラシンもチモプトールも点けなかったけど、変化無し。

左:12
右:24

フルオレセインの検査でも最初よりキズが小さくなっているのがわかりました。
「おかーさんいない方がいいわよー」と先生に言われ(完全に預けると大人しいので)、私は待合室で待機。
その間に角膜注射。
今後の目薬ですが、チモプトール、処方された初日に2回点したけど、どうも染みるようなのでその後は1日1回だけにしていることを報告。
それでも眼圧に変化無し。
ということで、「チモプトール」はストップ、抗菌剤も「トブラシン」は強いのでストップして、それよりマイルドな「ロメワン」が出ました。
2018-DSC01127.jpg
目薬はロメワンだけ1日3~4回。
エリカラはまだ装着。
次は金曜か土曜に受診。
お留守番が心配なので、明日と明後日は私が昼で早退して病院は金曜に行くことにしました。
これならカラーでお留守番が午前中だけ2日間になる(それでも心配・・・)。
さらに今度の週末はおとーさん実家の上田に行く予定があり、どうしようかおとーさんに相談。
おとーさんはカラー生活でも「連れて行っても大丈夫だろ~」なんてのんきに言ってるけど、とっても心配なので金曜の感触で上田に一緒に行くかおとーさんだけで行くか決めることにしました(おとーさんは一緒に行く気満々だけど)。

それにしても午前中だけとはいえ明日と明後日の留守番が心配。。。
大丈夫かな~。

***********************************

楽天のポイントがたくさんになったので、エリザベスカラー買っちゃいました。
最初は「プチホック」というタイプのものを買ったのですが、ホックの出っ張りが気になってすぐに金属ホックタイプを購入。
んー、でも金属ホックよりプチホックの方が取れにくそうだから、留守番はこっちがいいかなー。
怜音ちゃん、過去にカラー外してボロボロにした前科があるから。

2018-DSC01126.jpg
このポチが怖いので裏表を逆にして装着してみました。

これなら出っ張りが顔に当たらないね。
2018-DSC01125.jpg

こちらは同サイズの金属ホックタイプ。
2018-DSC01128.jpg
たいして力を入れずに止め外し出来ちゃうので、お留守番はプチホックを使おうかな。

カラーボロボロにするくらいならいいのですが、目をぶつけたりこすったりしちゃわないかが心配です。
どうか無事にお留守番できますように。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

転院

ちょっとご無沙汰です。
ネタはちょこちょこあるのですが、私がちょいお疲れでなかなかブログを書く気力が湧かず。

同僚のパートさんが二人、立て続けに辞めてしまい、しばらく私一人だったのが今度は立て続けに新人さんが二人(しかも一人はご年配の男性!)入ってきて。
二人に仕事教えながらで、これがまたなかなか覚えてもらえず。。。
新人二人だけだと全然仕事にならないから慣れるまでしばらく休めずの状態で。
いやはや、CADの仕事そのものにストレスって感じたことないけど、環境でストレスって20年以上前にOLやってた時以来じゃね?ってくらい疲れちゃって。。。
教えるって、ムズカシイネ。


さて、タイトルの「転院」ですが、眼科を変えました。
経緯を書くと・・・

怜音ちゃんの右眼に小さな凹み(キズ)を発見し、翌日眼科を受診。
キズは治ってきているところだから心配ないとの診断。
最近緑内障の目薬「コソプト」が染みるようだと話すと、コソプトの代わりに「チモロール(ヒアルロン酸入り」と「トルソプト(ヒアルロン酸入り)」が出る。
(でもコソプトってチモロールとトルソプトの合体だよね。チモだけとかなら分かるけど、コソプトと全く同じ成分を二つに分けただけってことだよね)
と、まずここで(?)と思う。
これで目薬は抗菌剤の「オフロキサシン」、緑内障の「チモロール」と「トルソプト」、抗炎症剤の「プラノプロフェン」、寝る前に抗菌剤の「エコリシン軟膏」という数に。
次の受診は2週間後で良いし、その頃にはキズも治っているからそうしたら目ヤニ対策はステロイドを使ってみましょうと言われる。

3日ほどそれで様子を見たが、目ヤニは酷いままだし傷も小さくなる様子が無いどころかショボショボして開けにくそうになってしまう。
そしてやっぱり「トルソプト」が染みる様子。
これで2週間も様子を見て良いのか不安になり、セカンドを考えて病院を探す。
今度は「獣医眼科専門医」の資格のある先生で、通院することを考え都心ではなく私一人でも連れていける距離で予約無しで受診できるところを見つけて、緑内障発症からこれまでの経緯(使用している目薬など)をPCでまとめてすぐに受診。
キズが思ったより酷いようで先生一目見て「うわ~、なにこれ、酷いわ~。これ、そうとう痛いはずよ」と言われ、怜音に申し訳なくて「ごめんね」と言いながら泣きたくなる。
「コソプトはものすごく染みるんだから、キズがあるのにあんなの使っちゃダメよ~」とも言われる。
水晶体は確かに脱臼しているようだけど、まずはキズを治すことが先ということで、角膜保護のための犬用コンタクトレンズとカラー装着となる。
そして目薬は「トブラシン」という抗菌剤が出て、「1日4、5回、これだけ使って下さい。他の目薬は一切使わないで」との指示で、4日後くらいに受診することに。
帰宅して数時間置きに「トブラシン」を点眼。
夜中も目が覚めたので点眼。
この日の診察で、眼に関しては今後はこちらの先生にお願いしようと転院を決める。

翌日。
なんと!朝起きると3ヶ月も悩まされた目ヤニが無い!
この3ヶ月、あんなにたくさんの目薬も、一体何だったんだ・・・。
しかし目ヤニは無くなったもののショボショボ涙で目が開かない状態に。
こりゃイカン!と朝一で病院へ。
どうやらカラーを外している間にこすったか何かしてしまったようで、キズが悪化(涙)。
コンタクトは断念して「絶対にカラーを外さないように」とお叱りを受け、角膜注射をして目薬は変わらず「トブラシン」だけを点眼となる。
これは完全に私の責任。
コンタクトを気にする様子が無かったから、見ていられるときはいいかとカラーを外していた。
でもトイレ行ったりとかで100%見ていられるわけじゃないのだから、私の認識が甘かったと猛省。
ゴハンと水飲みの時以外はカラー装着したままとする。
この日はなんともないはずの左眼の下瞼の下垂がひどくて、右目ショボショボ、左眼下垂という状態。
ホルネル症候群が頭をよぎる。

翌日朝イチで受診。
目ヤニはすっかり改善し、透明のさらっとした目ヤニが少し出る程度になる。
右眼の状態は角膜注射の効果で前日より改善。
左眼の下垂のことを話すと先生も「ホーナー(ホルネル)症候群」のことはちょっと考えたとおっしゃる。
が、とにかく今は角膜のキズ。
右の眼圧はこの3日間23、30、27と緑内障の目薬を使っていた時と大きな変化は無し。
緑内障の目薬はドライアイになりやすく、そうすると感染やキズが起こりやすいので先生も悩むところとおっしゃって、「チモプトール0.25%」という薄めのチモが出る。
チモは1日3、4回、トブラシンは変わらず1日4、5回。
帰りにかかりつけに寄って、先生に簡単に経緯を話して、眼科を転院することを報告。
先生は「うちは眼圧計も無いし眼は難しいから、専門の先生にちゃんと診てもらった方が良い」とおっしゃって下さる。
この日は左眼の下瞼の下垂は見られず。

そして本日受診。
これで4日連続(私は3日連続で仕事お休み)。
右眼はさらに改善しており、かなり開くようになってきた。
眼圧は30。
ここで先生の見解。
右眼の脱臼はあるが、もうこれで固定されているんじゃないか。
やっぱり・・・。
実は私も前から「もしかして緑内障の目薬使わなくても眼圧変わらないんじゃないか。もうこの脱臼した状態が怜音ちゃんのデフォルトになっていて悪化も改善も無いんじゃないか」と思っていた。
そこで「チモプトール」を1日1、2回と減らすことに。
左眼の下垂も無いことを話すと右目のせいで左眼の神経に影響があったのかもしれないとのこと。
目薬も「そもそもあんなにたくさんの目薬は最初から必要ない」と言われました。
今度は少し開いて火曜に受診予定(私はまた休みます)
月曜はおとーさんが休んで見てくれることになりました。

ということで、前の病院にはもう戻りません。
眼に関してはずっとこちらにお世話になるつもりです。
もっと早く、目ヤニが改善しない時点で病院を変えれば良かったと後悔してます。
何しろ3ヶ月ずっと酷かった目ヤニが一晩で無くなったのですから、キズが出来る前にこちらの先生に診てもらえば良かったなーと思います。

右眼が開きませ~ん。
2018-DSC01103.jpg

ちょっと開く?
2018-DSC01106.jpg

しっかり開く時が多くなってきた!
2018-DSC01109.jpg
キズの凹みが元に戻るのには時間が掛かるそうですが、目ヤニも改善して緑内障もちょっと方向性が見えてきて、少し安心しました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村