FC2ブログ

サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月

秘境は楽し

今日で夏休み終わりです(悲)。

つーことで、最後は秘境で〆ましょう。
2018-DSC01411.jpg

うふふ、怜音ちゃん、ニッカニカです。
2018-DSC01413.jpg

岩場に登ったり
2018-DSC01419.jpg

おとーさんとお散歩したり
2018-DSC01422.jpg

とっても楽しそうですよ。
2018-DSC01435.jpg

ぶー!可愛い!
2018-DSC01451.jpg

そして天然ウォータースライダーに挑戦です。
2018-DSC01461.jpg
余裕ですね。
これ、楽しかったのか、何度も自分で登ってワンワン言って下ってました。

少しお散歩して
2018-DSC01466.jpg

また入水。
2018-DSC01469.jpg

こんなお顔も撮れましたYO!
2018-DSC01476.jpg

最後は雄叫びで。
2018-DSC01480.jpg
「秘境最高!」

ちょっと時間が早いけど帰りがけにカフェでランチにしました。
2018-DSC01482.jpg
サラダ、前菜、かぼちゃのスープに

メインのパスタ(食べちゃったけどナスとししとうが乗ってました)。
2018-DSC01483.jpg
どれもこれも美味しかったです。

2018-DSC01484.jpg
コーヒーも美味。

怜音ちゃんはテーブルの下でイイコちゃん。
2018-DSC01485.jpg
オーナー様に「大人しくてお利口さんですね~」と褒められちゃった。
外面良いと助かるわ~。

夏休み前半は怜音ちゃんのお目目のケアで過ぎて、元々予定も無かったので後半は川遊びと家でゴロゴロでした。
怜音ちゃん、明日は久しぶりのお留守番です。
大丈夫かな~。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

回復

一昨日、夕方からお目目が開いてきて、夜にはパッチリ。
気にすることも無かったのでカラー外して就寝。
昨日の朝、起きて怜音ちゃんのお目目のチェック。
右眼はパッチリ開いてる。
ほ~。

朝散歩~。
2018-DSC01350.jpg

元気にショートコース。
2018-DSC01353.jpg

お目目パッチリ!
2018-DSC01355.jpg
充血はまだあるけど、一昨日より引いてます。
一安心かな。

*********************************

今朝も起きてお目目のチェック。
充血はさらに引いてきていて、もう大丈夫そう。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

大失敗

昨日から我が家は二人とも夏休みに入りました。
木曜までだけど、怜音ちゃんと一緒に長く一緒にいられるのは嬉しいな。

********************************

さて、夏休み初日の昨日、眼科受診です。
オプティミューン軟膏を付けて一週間、なんとなーく鼻の乾燥がマシになったような気がしなくもない。
まだヒビ割れはあるけど、鼻の両脇の部分がほんの少し、ガサガサした状態から軟らかい感じになってきました。
涙量は

左:16 (前回16)
右:13 (前回10)

右眼が前回よりも少し増えてました。

そして眼圧は

左:10~13
右:25~28


右はいつもと同じくやや高め。
私は「変わらず現状維持だ」と思ったのですが、Y先生は鼻の乾燥が良い具合になると今度はやっぱり高めの眼圧が気になるようで、医者ってどうしても治したいと思うんですよね、きっと。
ましてや自分の専門分野だし。
「やっぱり高いのよね~。」とY先生。
なんか、怪しい方向に話が向かいそうな・・・と思ったら、「新しい薬使ってみる?」と提案が。
もちろん私は渋りました。
これまで

コソプト×
キサラタン×
チモ○

で、確かに現状チモプトールで眼圧ものすごく下がっているわけではないけど、悪化しているわけでもないし、副作用のようなものもない。
今のままでいいんじゃないかと。
「でももう少し眼圧下がった方が安心は安心よね。」
う、確かにそうだけど~。
「犬用の新しい目薬が出たんだけど、すごく眼圧下がるのよ」
「この前の学会でもランチョンセミナーであってね」
「成分はラタノプロストなんだけど」
と、熱心に言われ、それでも「でもコソプト駄目だったし、キサラタンであんなことになっちゃったし・・・」と渋っていると

「あげるから!」

え!
「目薬あげるから、とりあえず一週間使ってみない?」とびっくりなこと言われまして、それならと

点眼後異常があればすぐ使用を止めてチモプトールに戻すこと

を先生に確認して、新しい目薬「ベトラタン」を使うことにしました。
その場で先生がその目薬を点眼して病院を後にしたのですが(会計には目薬代は入っていませんでしたよ)、帰り道、ちょっとネットで調べてキサラタンもラタノプロストであることを思い出し、先生に確認の電話をしてみました。

1.キサラタンと同じラタノプロストだから心配
2.ラタノプロストは水晶体亜脱臼、水晶体前房脱臼には使用しないこととあるが、使って大丈夫なのか

1について
主成分は同じだけど、添加物が少し違うので、これだけで反応が違うことがあり、個体差もあるのでキサラタンがダメでもベトラタンなら大丈夫ということもある。

2について
怜音は完全脱臼ではないので、使用しても大丈夫。

というお返事でした。
しかし、夕方から右目がショボショボしてきて、夜にはほとんど開かない状態になり即刻カラーを装着しました。
寝る前にベトラタンを点そうと思っていたけど、使わずにY先生に電話して、ベトラタンは使用せずチモプトールに戻すことにしました。
先月K先生の所に行くことになった時と全く同じです。
充血、腫れ、涙、左眼下瞼も下垂。。。
ひえ~!!

そして今朝になっても状態変わらず。
とりあえずチモプトールとロメワンで様子見することに。
そしたらやっと夕方に右目も開くようになりました。
ほ~。良かった~。
これで前回おかしくなったのはキサラタンが原因とはっきりわかりました。
もうラタノプロストは使いません。
コソプトも駄目だから、選択肢が減るけど、それはチモが効かなくなってきたときに考えよう。
しかしラタノプロスト強力です。
昨日の朝、病院で一回点眼しただけなのに、こんなに長く影響が続くなんて。
せっかく川遊びも解禁になったのに、怜音ちゃんにはかわいそうなことをしてしまいました。
このままチモプトールで様子を見て、大丈夫そうなら予定通りまた土曜受診、右目の具合によってはその前に受診です。
怜音ちゃんに申し訳ない。
2018-DSC01347.jpg
ごめんね。

以前、癲癇のお薬の時もかかりつけの先生とのやりとりで感じたんですが、やっぱり医者って副作用やQOLより病気を治すことを第一に考えるんですよね。
当然と言えば当然なんだろうけど、こちらは一緒に生活しているわけだから日常生活で「うーん」と思うこともあるわけで、QOLが落ちるくらいなら、多少のリスクがあっても楽しく過ごせる方が良いんじゃないと考えたりもします。
獣医さんの中には「(薬の影響で)寝てばかりでも発作を起こすよりマシでしょ」と考える方もいるようですし、その辺が病院(先生)との付き合いで難しいとこですね。

2018-DSC01349.jpg
新しい動物用の緑内障目薬「ベトラタン」
新しすぎて(7月発売したばかり)、副作用の報告も無いし使っているワンコさんのお話もヒットせず。
添付文書もよく読んだけど、キサラタンほど詳しく書いてないな~。

2018-DSC01348.jpg
怜音ちゃんには今のところチモプトールが一番良さそうです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

カワ!かわ!川!

本日、予定通り川遊び♪
2018-DSC01284.jpg
お気に入りの秘境へやって来ましたよ。

薄曇りのおかげもあって、暑くなくて人間も快適です。
2018-DSC01286.jpg

川遊びは5月にオーブとらてちんと一緒に遊んで以来かな。
2018-DSC01287.jpg

あの後目が悪化して、長いカラー生活に入ったのだった。
2018-DSC01295.jpg
久しぶりの川でも怜音ちゃんの泳ぎは健在。

2018-DSC01301.jpg
「プロ・スイマーですから!」

週末は病院通いで、カラーもしてたから退屈そうな顔ばかりだったけど、やっと笑顔。
2018-DSC01303.jpg

すいす~い。
2018-DSC01304.jpg
見事な泳ぎです。

そしてこういうワイルドなところを歩くのも楽しそう。
2018-DSC01311.jpg

川の水はすっかり綺麗になってました。
2018-DSC01315.jpg

秘境です(都内だけど)。
2018-DSC01316.jpg

少しお散歩して場所を変えてみました。
2018-DSC01321.jpg
涼しい~!!

いや、もうここ快適です。
2018-DSC01326.jpg

めっちゃ涼しくて、気持ち良い~。
2018-DSC01330.jpg

怜音ちゃんも楽しそう。
2018-DSC01333.jpg

喜んでくれて良かった。
2018-DSC01334.jpg

去年は甲状腺機能低下症を発症してフラフラだったから、夏は全然遊べなかったんだよね。
2018-DSC01335.jpg

今年は眼の治療で、また川遊びに行けないままで夏が終わっちゃうかと思った。
2018-DSC01338.jpg

怜音ちゃん、9歳の夏も川では元気です。
2018-DSC01342.jpg

楽しそうにおとーさんの後をついて行きます。
2018-DSC01343.jpg

楽しいね!
2018-DSC01345.jpg
お目目のケアもしっかりと、精製水で洗浄しましたよ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

今日も眼科

お目目のネタが続きますが、忘備録も兼ねているので・・・。

つーことで、朝イチで眼科Y先生受診です。
2018-DSC01280.jpg

まずはお約束の眼圧から。

右:24
左:10


左はやっぱり低いけど、右はまずまず維持出来ているようです。
朝の点眼無しでこの数値ですから良い感じ。
そして3日ほど前から右目の目ヤニが少し多いことを報告。
目ヤニは透明でトロッとしたもので、今までと同じなのですが量が少し多いのが気になりましたが、診察の結果はそれほど気にしなくて良いということでした。
しかし先生は「ちょっと乾燥しているんじゃないか」と気になるということで、涙量も計ってもらいました。

結果

右:10
左:16


ん?んん?
左もギリギリだけど、今度は右も少ないじゃーん!
いつも左だけ少な目なのに、なんで???
先生も「うーん」
充血など無いのでこのまま何もしなくても良いのですが、先生は鼻の乾燥も気になるし、10はちょっと少なすぎなので少し潤してあげようということで、「オプティミューン軟膏」が出ました。
ちなみに以前かかりつけの先生にも鼻の乾燥について訊いたのですが、「季節的にね」(←冬だった)とか、「シニアになるとどうしてもね」と言われて終わってしまいました。
確かに年齢的にはシニアだけど、そんなにばーさんではないと思うし、でも他に異常無いしで、鼻についてはずっとモヤモヤしてました。
そこで気になっていたことをY先生に訊いてみた。

「甲状腺とドライアイや潰瘍が治りにくいのって関係しますか?」

先生のお答えは

「関係なくも無い」

でした。
やっぱり。
レベンタ服用しているのでT4の数値は正常値になっていますが、数値的には大丈夫でも免疫力とか代謝とか、数値に出ないところで影響があるんじゃないかと思っていたのです。
甲状腺機能低下症の症状に「ドライアイ」とか「角膜潰瘍」とかあるし、人間の眼科のお話ですが、甲状腺の異常が原因でドライアイになり潰瘍になっても、甲状腺の薬を飲んでそれが治るわけではないとありました。
つまり甲状腺の異常に起因したドライアイでも、ドライアイとして治療しないとダメってことなのかな。

今日もY先生とたくさんお話してきましたよ。

さて、オプティミューン軟膏。
2018-DSC01281.jpg
これ、まだ1回使っただけです。。。
ネットでも「半分近く空気が入っている」と、まるでスナック菓子のように書かれていましたが、本当にそうでした。
そしてお高い!
でも他の軟膏と違ってトロッとしているので、液体のようにポタっと垂れて点眼はしやすいかも。
チモプトールは継続、オプティミューン軟膏は1日2回、ロメワンは「もうそんなに使わなくていいよ」と頓服的に使うことになって、また来週受診(涙)。

明日は川遊びに行きたいけど、川、どうかな~。
濁りが無くなっていればいいな~。
2018-DSC01282.jpg
川遊びしたいね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村