サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 健康・てんかん
CATEGORY ≫ 健康・てんかん
       次ページ ≫

ニュー・サプリ

先日ポチっとしたものがやっと届きました。
2017-DSC01530.jpg
関節のサプリ、グリコフレックス(アメリカ版)です。
輸入ものなので注文してからちょっと日数がかかりました。

お散歩時のお手手カックンが薬の副作用かもと思いながらも気になって、ドッグドックでレントゲンも撮ってもらったけど目に見える異常は無し。
気になるなら年齢的に関節のサプリを始めても良いのでは、と先生に言われてから色々ネットで情報収集して、選んだのがコレ。
2017-DSC01532.jpg
日本版もあるけどアメリカ版とは成分の含有量とかちょっと違うんですよね。
アメリカ版のソフトチュアブルタイプはローズマリーが入っているので怜音には×。
なのでタブレットタイプにしました。

しかしデカい!
2017-DSC01534.jpg
ネットでもとにかくデカいとあったけど、500のペットボトルと並べるとこんな感じ。
さすがアメリカ~。

1粒もデカいです。
2017-DSC01535.jpg
100円硬貨と並べてみました。
怜音の体重だと、導入期(4~6週間まで)1日1粒。
維持期(6週間以降)1日1/2粒。
お安くないけど120粒入っているので、上記の与え方でも5ヶ月くらいは持ちますね。
そう考えるとコスパは良いのかな。

(ちなみにアメリカのメーカーのHPでは体重がポンドで書かれているので、日本のショップの説明とはちょっと体重区分が違います。体重14kgだと悩みますね)

空腹時は避けて食事中か食後に与えることとあるので、早速晩ゴハンに入れてます。
2017-DSC01538.jpg

1粒がデカいから包丁でザクザクと切って投入。
怜音ちゃんはもちろんゴハンに何が入っていても全く気にすることなく、食べることに夢中です。
ありがたい(笑)
2017-DSC01539.jpg
グリコフレックス、症状の度合いによって1、2、3とあるのですが、1や2と比べて3は入っている成分の種類が断然多いです。
ヤフーの知恵袋でも「軽症であってもお薦めは3」と獣医師の回答があったので、3を選んでみました。

まだ導入して2日だし、他にどこか関節が悪いわけではないので効果があっても気付くかどうかわかりませんが、ま、もうシニアだしね、色々気を付けていかなくちゃね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

結果

血液検査の結果が出たので、「狂犬病予防注射実施猶予証明書」と癲癇のお薬をもらうために病院に行ってきました。

今年も市からのお知らせのハガキが来ましたよ。
2017-DSC01370.jpg
ちゃんと注意事項に書いてありますね。

前年にも実施猶予証明書を提出していると、ハガキだけでなくお手紙も届きます。
2017-DSC01371.jpg

そして病院で発行してもらった猶予証明書。
2017-DSC01372.jpg
ハガキと一緒に市役所に持っていくと、受付のハンコ(今回は受付した人のハンコとサインだった)が押され、コピーがもらえます。

さてさて、そして血液検査の結果ですが・・・

概ね異常無し

でした。
今回アイデックスではなくいつものモノリスの検査だったので、SDMAは入ってませんでした。
まぁ、気になる症状があるわけではないので、いっか。

「概ね」というのは、先生的には気にするものではないけれど私的には気になるところがあったからです。

まず、いつも気になるALPが今回は603と大幅アップでした。
去年の春に360、秋には308と、フェノバールを切ってから少しずつ落ちてきていたのに何故か今回は上昇。
603ってフェノバ飲んでた時より高い数値だよ。。。
他の肝臓関係の項目はどれも正常値内だったので、肝臓の心配はないでしょうと先生の見解ですが、薬の影響かなー。
ゾニサミドはフェノバールと違って、肝臓の薬物代謝酵素を誘導しないので肝臓への負担が少ないと言います。
とはいえ肝臓で代謝されるのだから多少の負担はかかっているということかな。

それからクロールは177と大幅オーバーだけど、これは臭カリを飲んでるから仕方ない。
偽性高クロール血症と言われ、臭化カリウムの臭化物Brの影響で見かけ上高値になっているだけで、影響は無い。

オプションで頼んだ甲状腺関係と炎症のCRP。
CRPは異常無し。

甲状腺の3項目。
T4  0.8 (基準値1.1~3.6)
FT4  0.3 (基準値0.5~3.0)
TSH  0.14 (基準値0.08~0.32)

2年前は発作の原因として甲状腺機能低下症が無いか調べるためにやって、当時フェノバールを抜いたばかりだから3項目調べたのです。
フェノバールはT4やFT4を上昇させるので、その2項目だけでは確定できないから。
そして今回の結果、2年前と同じくT4とFT4が低いけどTSHが正常値、外見的にも症状は見られないので甲状腺機能低下症の疑いは無し。
この結果を見ると、やっぱり薬の影響があるんじゃないかと思うんですよね。
調べてもゾニサミドもT4に影響するって話が無いんですが、どうなんだろ~。
あと一番影響あるかなと思うのが臭化カリウム。
臭化カリウム始めてからお手てカックンも始まったし、食糞も始まった。
臭カリの副作用でふらつきとか運動失調とか嘔吐とかあるし(朝のゲロもそうかな)。
臭カリ減らしたいなー。

それから血小板。
去年の春が11.4で秋が10.5と下がり続けていたのですが、今回は22.4万にアップして基準値内になりました。
これもゾニサミドの副作用で血小板減少があるから、今回10万切ったらコンセーブを減らしたいと思ってたのですが、こちらは大丈夫そう。

つーことで、やはり抗癲癇薬の影響かと思われるもの以外は異常無しでした。
2017-DSC01374.jpg
それから先日眼の検査をしてもらい、白内障と診断されてしまいました。
まだまだ初期の段階で、目薬出ました。
なんとなーく目の色が白くというより薄くなってきた気がするなーと思って検査をしたのですが、白内障とはね。
まだ8歳なのに。
発作の影響もあるのでしょうか。

それにしても、薬の副作用と発作の頻度とQOL、そのバランスでいつも悩みますね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

健康診断

今日から4月ですね(寒いけど)。
早いな~。

今日はお天気が×なので、怜音ちゃんの健康診断に行ってきましたよ。
秋にドッグドックを受けているので、春は血液検査です。
7時にひと口量のフードとお薬をゴックンして、朝一のシッコとウンコを持って病院へゴー!
今日は最近気になることが色々あるので、あれこれ調べてもらうことにしました。

まずはおとーさんと私にガッツリ保定されて採血。

それから色々検査&先生とお話して終了。

ウンコ、異常無し。
シッコ、比重もPHも良好で雑菌なども無く異常無し。
血液検査は外注なので結果は後日。
オプションで甲状腺機能低下症の3項目(T4、FT4、TSH)と炎症関係のCRPもお願いしました。
検査機関を変えたのか検査機関の項目が変わったのか、もしかしたらSDMAが標準項目に入っているかも。
SDMAはやってみたかったから、入ってたら嬉しいな。
診察と血液検査+オプション、ウンコ検査、尿検査、その他もろもろで諭吉様が飛んでいきましたよ。

でも怜音ちゃん費用は毎月決まって掛かるものは予算としてとってあるし、それ以外にこういう検査の時のために毎月貯金もしていますよん。

お疲れ様~。
2017-DSC01300.jpg

怜音ちゃん、大きな病気は癲癇くらいだけど
2017-DSC01307.jpg

やっぱり年を取ると色々出てくるんだね。
2017-DSC01308.jpg

ちょっぴり寂しいけど、これも仕方のないこと。
2017-DSC01311.jpg

人間が出来る限り早く異常に気付けるようにしなくちゃね。
2017-DSC01314.jpg

食欲はバリバリあるし、ウンチも毎日良好で、これといった大きな心配は無さそうだけど
2017-DSC01315.jpg

もう8歳なんだもんね。
2017-DSC01317.jpg
発作の方は3月は結局2回ありました。
むーん、去年より良い感じだけど、2歩進んで1歩下がるといった感じでしょうか。
また頑張ろう。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

発作と結果とお薬

怜音ちゃん、先日発作起こしました。
前回からは2ヶ月。
んー、我が家としてはまぁまぁでしょうか。

そしてお願いしていた抗癲癇薬の血中濃度とワクチンの抗体価検査の結果が出たので、お薬もらいついでに病院へ行ってきました。
抗体価検査はコアと呼ばれるジステンバー、バルボ、アデノの3種を調べました。

んで結果がこれ↓
2017-DSC01115.jpg

ジステンバー 1280倍 (2560倍)
バルボ 320倍 (640倍)
アデノ 160倍 (80倍)

カッコ内は去年の数値。

ん?
んん?

今度はアデノが増えてる~!

去年はジステンバーとバルボが増えててアデノは80倍に落ちてたので、今年はそれより落ちてるだろうから打たなきゃダメかもなーと思っていたのですが、今年はジステンバーとバルボが落ちててアデノが増えてました。

おかげで3種とも十分な抗体があるということで、今年も混合ワクチンは打ちません。
2017-DSC01116.jpg
いやいや、良かった良かった。

そして抗癲癇薬、ゾニサミドと臭化カリウムの血中濃度は

ゾニサミド 42.2 (41.7)
臭化カリウム 1.8 (1.0)

カッコ内は前回の数値

臭カリ、上がっとる~!(嬉)

いやもう、臭カリってわからない。。。
とりあえずこれで当初予想していた数値まで上がり、丁度良い感じになりました。
発作が半年以上無ければ血中濃度の高いゾニサミドを減らしたいとこですが、やっと2ヶ月あいたという程度では怖くて減らせません。
まずは発作の頻度を減らすことを優先したいと思います。
つーことで、癲癇のお薬はこれまでと同じで増減無し。

先日の発作は残念だけど、今年は去年より少なく出来るかな。
2017-DSC01119.jpg
ゾニサミドと臭化カリウムの組み合わせは、やっぱり怜音には良さそうです。
去年の5月に今の量にして、7月こそ3回あったけど、その後はグッと発作が減りました。
2017-DSC01120.jpg
食欲はモリモリあるし、毎日快便でお山に行けば元気に歩くし、食糞なんかは臭カリを始めてからなので副作用かなと思うけど、この程度なら全くQOLを気にするものではないしね。

怜音ちゃん、元気でいてくれてありがとう。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

病院へゴー!

昨日は怜音ちゃんと病院へ行ってきました。
癲癇のお薬をもらうのと、12月に診察してもらった気になっていることの経過を見てもらいに。

まず病院の前にお散歩です。
2017-DSC00486.jpg

が!風が強~い!!
2017-DSC00487.jpg

怜音ちゃんの全身がなびいてます。
2017-DSC00488.jpg

人間はつらいけど、怜音ちゃんは楽しそう。
2017-DSC00489.jpg

そして小川に引き寄せられる・・・。
2017-DSC00490.jpg
この後病院だからダメだよー。

びしょ濡れで診察してもらうわけにはいかないからね。
2017-DSC00492.jpg

ささ、ちょっと休憩したら病院ですよ。
2017-DSC00494.jpg

先月はお薬だけもらいに私だけ来たから、怜音ちゃんは2ヶ月ぶりかな。
2017-DSC00495.jpg
まずは先生と看護師さんと「無発作1ヶ月超え」を喜び合い、診察台で私と看護師さんにガッツリ保定されて診察です。
診察の結果はどれも、肉体的には問題無さそうなので、12月の時と同じく経過観察となりました。
良し良し。
8歳だからね。
ちょっとしたことでも気になってしまいます。

春になったら健康診断にワクチンの抗体価検査、抗癲癇薬の血中濃度も調べなきゃ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村