サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP山歩き川遊び ≫ 挑戦・瑞牆山3 富士見平小屋

挑戦・瑞牆山3 富士見平小屋

今日の地震はびっくりしました。
怜音も立ち上がってちょっとウロウロしたけど、すぐに横になって落ち着いてくれました。
良かった。

***************************

続きです。

車、直りましたー!

いや~、やっぱプロは違うね!
イエローハットは無駄だったけど、まぁ仕方ない。
どうやらコイルのボルト(?)1本が焼けて繋がりにくくなってたとかなんとからしい(車のことはよくわかりませ~ん)。
車屋のおじさんは作業が終わると、運転してちゃんと確認してくれました。
エンジンじゃなくて良かった~。

お会計を済ませて、やっとお山へ出発です!
本日は金峰山に登る予定でしたが、すでに時間は13時過ぎ。
なのでテン場の富士見平小屋まで行って、テント張ってお終いにすることにしました。

登山口の瑞牆山荘には14時17分到着。
かなり車が多かったですが、少し離れたところに停めることが出来ました。
準備をして14時33分出発です。
さぁ、行くぞ!
2014-DSC03545.jpg
私、ザックとショルダー含めて9.3キロになりました。

おとーさんは12.8キロ。
2014-DSC03547.jpg
分担は主にテントや寝袋、調理器具などの道具類はおとーさん、私は食料と怜音グッズ担当です。
これだと帰りは私が食料分少し軽くなるので助かります。
Tさんは14キロくらいになったとか。
2014-DSC03551.jpg
すごいっす!

ソロだとやっぱりそのくらいになっちゃうんですかね。
2014-DSC03553.jpg

瑞牆山荘から富士見平まではコースタイム50分。
笠取より短いですね。
途中、ヤマダム(山マダム)たちとすれ違い、怜音は「えらいねー」「可愛い」などと声を掛けて頂きましたよ。
2014-DSC03556.jpg
どの山でも結構年配のご婦人に出会うのですが、いつも素敵だなーと思います。
お年を召しても足腰丈夫で元気でいれば、こうしてお山にも登れるんですもの。
私たちもずっと元気でいられるといいなー。
老後もおとーさんと元気に遊びたいものですね。
2014-DSC03561.jpg

富士見平まではわりと歩きやすく、笠取の小屋までの道に似てます。
2014-DSC03563.jpg

あと少しかな。
2014-DSC03565.jpg

着いたー!
2014-DSC03568.jpg
15時30分到着。
コースタイム50分なので、ちょっとかかってしまいました。
テン場代1人1000円(高い!)を払って、テント設営です。
既にたくさんのテントがありました。
時間が遅かったから仕方ないです。
トイレが遠くなってしまいますが、まだスペースがある奥の方に設営。
(でも夕方になって学生らしき集団がやってきて、小屋前のテーブルエリアでうるさかったので、奥にして良かったです。静かでした。)

ヒルバーグのテント。
2014-DSC03569.jpg
もうコールマンのテントは出番無し・・・。誰かに売ろうかしらん。

Tさんのテント。
2014-DSC03570.jpg
山岳テントは緑が多いから、赤とか青とか目立って映えますね。

下界から見たらお山の方は雲がかかってて天気が心配でしたが、大丈夫そう。
2014-DSC03572.jpg

怜音ちゃんもお疲れ様。
2014-DSC03573.jpg
キミは1時間のお山なんて楽勝だよね。

17時過ぎ、ものすごーく早いけど晩ごはんです(笑)。
2014-DSC03576.jpg
Tさんは、おこわとサバのかば焼き。

我が家はカレー。
2014-DSC03577.jpg
今回は無印良品のカレーにしてみました。
あとは写真にないけど無印のオニオンスープと、100均で買った水を入れるだけで出来るポテトサラダ。

怜音ちゃんには手作りゴハン。
2014-DSC03579.jpg
ガツガツ食べてました。
ご飯の後はのんびりして、寒くなってきたのでテントに入って就寝です。
白ご飯を少し残しておいたので、時間になったらお薬と一緒に怜音にあげました。
フリース、ダウン、冬用寝袋、靴下2重、靴下用カイロ、ネックウォーマーと、冬並みの装備で寝ましたが、これで寒くないくらいです。
9月でも思ったより寒くなるんですね。
防寒、色々持ってきて良かった。

夜中、何故か怜音が起きて外に出たがって、ちょっと大変でした。
トイレかと思って外に出てオシッコさせたのですが、テントに戻るとまたオロオロ。
小屋の隣にあるトイレのドアが勢いよく閉まるのですが、その音が「バーン」と結構大きく聞こえるのです。
どうもその音が気になって怖かったようで、テントの中をウロウロして外に出たがってカリカリしたり、なかなか落ち着かなかったです。
音に敏感になっちゃったなー。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment











非公開コメントにする