サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP健康・てんかん ≫ 投薬について

投薬について

月曜日、抗癲癇薬フェノバールをもらいに病院に行ってきました。
怜音も連れて行ったので診察もお願いしました。
咳はほとんど出なくなり、聴診でも先週より呼吸音も良いので、このまま今ある薬を飲んで様子を見ることに。
そして、癲癇の投薬について。
今回フェノバールを1ヶ月分いただいたのですが、それで発作が起きなければ1.75錠/1回から1.5錠/1回に戻すことになりました。
やはり血中濃度が高いまま長期服用はよろしくないのですね。
先生からこう提案されて、内心ホッとしました。
実は最近、発作の無い日々が続いて、薬を用意するたびに「1.5に減らしたい」と思ってたのです。
でも勝手に減らすのは危険だし、発作無しもまだ1ヶ月だし、もう少し発作無し期間が続いたら減らしたいな~と。

1.75錠でもう少し続けて発作が起きなければ1.5錠に戻す。
1.5錠で発作が頻発したら薬を変更するなどする。

という感じで。

そう、この日は前回の発作から1ヶ月!
1ヶ月発作がありませんでした!
先生にも言ったら「あ!そうですね!おめでとう!」と言ってもらえましたよ!
このまま何事もなく年を越せますように。

病院の後はおとーさんの希望で入間のWILD-1へ。
それから怜音のお散歩タイム。
2014-DSC05077.jpg

2014-DSC05079.jpg

ぷらぷらとお散歩して、見つけたお店が「カフェ・ヴェロニカ」
2014-DSC05080.jpg
テラス席と店内の一部がワンコOKです。
ここでお昼ご飯にしました。
でもカフェメニューでは普段ラーメンや定食のおとーさんには物足りず、近くにあったパン屋さんへ。
これが大当たり。
「PANJA」というパン屋ですが、とにかくどのパンも美味しそうで、実際買ったパンはとても美味しかったです。
外テーブルもあったので、買ったパンをそこで食べたのですが、あとからあとから車が入ってきてすごい人気店でした。
入間に来たらお昼ご飯はここでいいな。

*****************************

癲癇って本当に難しいですね。
血中濃度的には1.5錠の時の26というのは、丁度良い感じなんですよね。
それで発作がコントロール出来ればいいのだけど。
獣医学的には2~3ヶ月に1度の発作であればコントロール出来ているという考えです。
なので獣医師側はそれを目標にするのですが、これも飼主さん側では様々。
怜音は投薬前が1ヶ月に2回だったので、やっぱりせめて2~3ヶ月は間隔が開くといいなと思います。
でも例えば毎日とか1週間に何度もとか、投薬前の発作の回数が非常に多ければ1ヶ月に1、2回の発作でも「良し」とする飼主さんはいると思います。
どのくらいの頻度で「良し」とするかは飼い主さんによって様々あると思うのですが、病院では最低2~3ヶ月に1度くらいにしたいという考えがあって、ここのところが飼い主さんと先生で投薬に対する考え方の温度差になるのかなと思います(あと副作用に対する考え方とかね)。

まだ投薬初めて半年足らず。
まだまだ調整段階。
焦らない、焦らない。
重積や群発が起きないことだけ祈ろう。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment











非公開コメントにする