サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP健康・てんかん ≫ 12回目、13回目、14回目の発作

12回目、13回目、14回目の発作

まとめてアップします。
と言うか、発作が連発してしまいました(涙)

週末、ランドステーションを使いたいというおとーさんの希望でキャンプに行ってきました。
キャンプの記事は後程アップするとして、発作はキャンプ場で起きました。

14日日曜日の明け方、テントの中、私の足元で寝ている怜音が動く気配がしました。
普段ベッドに敷いているラフウェアのマットを持って行ったのですが、そのマットのカサカサという音が聞こえたのです。
と思ったらバタバタと全身痙攣が始まりました。
「おとーさん!発作!」とおとーさんを起こして時間を確認。
4時20分でした。
全身痙攣の時間は30秒~40秒くらい。
その後はテント内をウロウロ、時々ヒャンヒャンと鳴きました。
意識が戻ったら家の中じゃないからか、落ち着くまでかなり時間がかかりました。
失禁してたのでテントの中あちこちオシッコまみれになりましたが、そんなことどうでも良くて、とにかく怜音を落ち着かせようと抱きしめて「大丈夫だよ~」と声を掛け続けました。
私も頭からオシッコまみれになりました。
何か甘いもの!と思い、オヤツに持ってきていたサツマイモをあげたら、ものすごい勢いでがっついて食べました。
それからヤギミルクを飲ませて、ようやく落ち着いたのでまた寝ることに。
が、しばらくしておとーさんが「ん?これは発作か?」と言うので、はっとして起きてみたら、私とおとーさんの間で怜音が全身痙攣起こしてました。
すぐに時間を確認。
6時でした。
さっきの発作から1時間40分後です。
今度は10秒~15秒くらいで痙攣が終わり、意識もすぐに戻って落ち着きました。
「もうちょっとネンネしよう」と言って私たちが寝袋に入って横になると、怜音も私の足元で寝始めました。
その後、7時頃に起きて普通にお薬をあげて、キャンプ場内をお散歩してウンチして、朝ゴハンも元気に食べました。
やっぱりお薬移行中は慎重に行動すれば良かったかなと、キャンプに来ない方が良かったんじゃないかと思いましたが、おとーさんは「家にいても同じだ。発作は起きる時は起きるんだから仕方ない」と言います。
まぁ、自分もキャンプしたかったんでしょうがね。。。
1日に2回も起きたのは初めてで、出先で起きたのも初めてです。
いつ発作が起きるかわからないから怜音用の持ち物は色々考えてましたが、実際に起こると外出先で起きた時の対処とか反省点とかがよく分かりました。

そして今日。
連続して起きた発作をどう考えるか。
エクセグランが効いてないのか、量が足りないのか。
移行中だから発作が起きるのは仕方無いとして、このまま様子を見るか。
会社着いてから病院に電話して先生に報告&相談です。
そして、先生からの折り返しの電話を待っている間にまた発作(涙)
カメラ見てたら、横になってた怜音がノビ~をしたのかと思ったら顔がクワッとなって発作が始まりました。
すぐにPCで録画。
痙攣時間は多分30秒~40秒くらい。
痙攣が終わってウロウロが始まった頃に先生から電話が来たので、昨日の2回の発作と今起きた発作の報告です。
お薬をどうするか・・・。
やはり、今はフェノバールも飲んでいるのでエクセグランが合わないのか量が足りないのか、判断は出来ないそうです。
そして今度は1回0.5に減らしたフェノバールを1回1錠に戻し、エクセグランも1回1.5錠から2錠に増やすことにしました(フェノバールがエクセグランの効果を弱めるので、フェノバールを飲んでいる場合はエクセグランの量を多めする必要がある)。

これでしばらく様子を見ることになりました。
先生と電話で話したあと、私はまた早退です。
1時間ちょっとしか会社にいなかった^_^;

移行中は発作が頻発するかもとは覚悟してましたが、1日2回とか2日続けてとか・・・初めてのパターンでやっぱりショックです。
これで平均しても月1回以上になっちゃった。
痙攣は数十秒と短いので軽い方かもしれませんが、頻発するのは良くないですよね。
なんか、自分が怜音に何もしてやれないのが悲しいです。
発作が重責でないのが幸いです。







陽を浴びてニカニカ楽しそうに歩く怜音に、泣きそうになっちゃった。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment

編集
いやぁ〜、つらいですね(´・_・`)。。
なにが怜音ちゃんを苦しめているのか、、、
まだお薬移行したばかりですし頻発するのは心配ですけど、
はやく薬の適量がわかるようになるといいですね(´・_・`)。。


2014年12月15日(月) 23:22
編集
起きちゃったか…
でも、今はまだ色々と試行錯誤中なんだし、これでまた調整してみて分かることもあるだろうし、前向きに前向きに。

でもね、やっぱりつらいよね。
怜音父の意見もわかるけど、私だったら今の移行期間で様子見してる間は、泊まりは避けるかもしれない。
リスクは避けたいというか…これって、女側の考え方なんだろうか。
2014年12月16日(火) 09:10
編集
アリスママさん
覚悟はしてたけど、やっぱり可哀想で見てて辛いです。
なかなか薬の調整は難しいですね。
どの薬が合うかも個体差があるし、当分は試行錯誤です。

Yoshitakeさん
ねね、やっぱそう思うよね。うちのおっさんは自分がキャンプしたかったというのもあるし「太く短く」という考えだから、発作を恐れて何もしないのはダメだと言うのよね。
でもね~、私はあらゆる可能性を考えちゃうワケで、避けられるリスクは避けたいよね~。
でも今回の連続発作はちょっと心当たりもあったりして。
ランステの中でストーブ(小)、日曜夜は家でヒーターと暖房つけちゃったの。怜音が初めて発作を起こしたのが家でヒーター解禁した翌日だったから、もしかして・・・かも。
それにしても男って深く考えない生き物だなーと思ったよ。
2014年12月16日(火) 11:21
編集
つらいですね。

一度、セカンドオピニオンを探してみるのも一つの手段だと思います。
獣医さんの意見、バラバラだから余計混乱しちゃうかな?

目の前の大事な家族が苦しんでいるのに、何にも出来ないと悲しいですよね。
でも、そばにいてくれているとわかると苦しんでいる方も安心だと思います。人間もわんちゃんもそれは変わらないと思います。

怜音ちゃんに合うお薬早く見つかるといいですね。
2014年12月16日(火) 11:32
編集
らてまま
神経科の専門医には診てもらったんだけど、色々思う所があって今の先生に診てもらってるの。薬の量もちゃんと血中濃度測ったり怜音の体重考えて出してくれるし、今のところ治療方針に「えっ?」って思うところは無いしね。
代われるものなら代わってあげたいといつも思う。
まだまだ当分は試行錯誤だけど、頑張る!
2014年12月16日(火) 12:45
編集
普段の怜音ちゃんがまたニカニカ元気にかわいいから、その差っていうか、よけいに不憫で、私まで涙腺が…。
みきさん、おとーさんはどれほどつらいでしょう。
早くお薬の調整がうまくいきますように。

電気ストーブとか電気毛布、ホットカーペットなんかの、空気を汚さない系の暖房器具の方がいいんでしょうか。
でもそれじゃなかなか部屋全体は温まらないですもんねぇ。

うちの旦那様も絶対「起きる時は起きる」って言いますね。
「気にしてたら散歩も行けないぞ」って。
ほんと、そういう生き物なんですかね…。
2014年12月16日(火) 20:03
編集
あぁ読んでいるだけでも辛い 普段はニカニカの怜音ちゃんだけに 発作時はほんと辛いです
男性は一応にして皆同じ意見ですね そして女性側も

これは 男と女の考え方の違いなのですから。
(だからぶつかるんだけどね^^;)

出先でも出てしまったときの対処方が肝心なのですよね
いつ どんな作用で出てしまうのか 一番混乱しているのは本人なんですよね。。。。インするスイッチ アウトするスイッチ 解明されるといいなぁ

2014年12月16日(火) 21:04
編集
ましまろままんさん
そうなんですよね~。犬って「自分はこんな病気で可哀相だー」と嘆くわけじゃないから普段は変わらず元気で、それが人間側としては余計に不憫というか可哀相というか切ないというか・・・。
初めて発作を起こしたのが自宅でファンヒーター解禁した翌日だったので、なんとなく気温の変化も関係してるのかなーと思って。
男性陣は大体みんな同じ意見なんですね~。そりゃ、発作を恐れてあれもダメこれもダメと言うつもりはないけど、考慮してもいいんじゃね?って思う時ありますよね。何も考えてない(と思われる)おっさんが、時々羨ましく感じちゃったりしますよ^^;

淡雪さん
あぁ、単純な生き物かな、男って!って感じですね。
やっぱり男女の違いですかね。ある意味、それでバランスが取れているのかもしれないですが、なんだか自分一人であれこれ心配しちゃって、「お前もちょっとは考えろ!」って思う時があります^^;
なかなか発作のきっかけが分かりませんね~。怜音の場合、寝てる時とかウトウトまったりしてる時がほとんどで、突発性癲癇ってそいうパターンが多いらしいのですが、それだけに何に気を付けたらよいのやら。
難しいですね~。
2014年12月17日(水) 17:24










非公開コメントにする