サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP健康・病気 ≫ 今年最初の病院

今年最初の病院

先日、怜音ちゃんを連れて病院へ行ってきました。
今後の投薬の相談と、他に気になることがあってそれも診ていただきに。

まずはお薬。

先月の発作以降、1回につきフェノバ1錠&エクセ2錠にして今現在まで発作無し。
ふらつきなども無く、いたって元気。

もしかしたらこの薬の組み合わせと量でいけるかもしれない・・・。
薬をいじってまた発作が起きたら・・・。
でも出来ればフェノバールは切りたい・・・。
でもでも発作が起きたら・・・。

先生も同じ考えで、もうね、先生と2人で「うーん、どうしましょうか~」って悩んじゃいました。
フェノバールは肝臓に負担がかかる。
フェノバを増量したら血中濃度がオーバーしちゃったし、フェノバ単剤では発作は抑えられなかった。
可能であれば肝臓への負担が少ないエクセ単剤を試してみたいし、エクセ単剤でいければその方が良い。

そこで先生から出た案は「あと少し今の投薬で様子を見る」でした。
このまま来月の中頃まで、つまり前回の発作から2ヶ月発作が起きなかったら、フェノバとエクセの血中濃度を測定して調整していきましょうと。

なるほど~。
怜音ちゃん、2ヶ月空いたことがないから2ヶ月というのは目安になります。

それから気になることの診察。
怜音の左の腰のあたりにポチっとデキモノのようなものを年末に発見しました。
直径は3mm~4mmくらい。
針を刺して細胞を見ていただいたのですが、「類上皮嚢胞」というものだそうです。
皮膚の内側に角質が溜まったもので、腫瘍ではないそうです。
年末に発見してから毎日確認してましたが、大きさも変わってないのでこのまま経過観察になりました。

お疲れさん。

先日、昭和記念公園でオーブ父が撮ってくれたよ!

最高に可愛いっす。

そうそう、エクセグランはコンセーブに変更となりました。
日本で初めて動物用に開発された抗癲癇薬で、成分はエクセグランと同じゾニサミドで、いわばエクセグランの動物版。
10月に発売になった新しい薬で、エクセグランと違って苦みが無く(怜音はゴハンに入れちゃうから関係ないけど)、100mgの他に25mgの錠剤があって小型犬にも使いやすい。
フェノバールと同じく筋が1本入ってるので、半分に割りやすいかも。

とにかく、当面の目標は「発作無し2ヶ月」です。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment











非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL