FC2ブログ

サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOP眼科 ≫ 転院

転院

ちょっとご無沙汰です。
ネタはちょこちょこあるのですが、私がちょいお疲れでなかなかブログを書く気力が湧かず。

同僚のパートさんが二人、立て続けに辞めてしまい、しばらく私一人だったのが今度は立て続けに新人さんが二人(しかも一人はご年配の男性!)入ってきて。
二人に仕事教えながらで、これがまたなかなか覚えてもらえず。。。
新人二人だけだと全然仕事にならないから慣れるまでしばらく休めずの状態で。
いやはや、CADの仕事そのものにストレスって感じたことないけど、環境でストレスって20年以上前にOLやってた時以来じゃね?ってくらい疲れちゃって。。。
教えるって、ムズカシイネ。


さて、タイトルの「転院」ですが、眼科を変えました。
経緯を書くと・・・

怜音ちゃんの右眼に小さな凹み(キズ)を発見し、翌日眼科を受診。
キズは治ってきているところだから心配ないとの診断。
最近緑内障の目薬「コソプト」が染みるようだと話すと、コソプトの代わりに「チモロール(ヒアルロン酸入り」と「トルソプト(ヒアルロン酸入り)」が出る。
(でもコソプトってチモロールとトルソプトの合体だよね。チモだけとかなら分かるけど、コソプトと全く同じ成分を二つに分けただけってことだよね)
と、まずここで(?)と思う。
これで目薬は抗菌剤の「オフロキサシン」、緑内障の「チモロール」と「トルソプト」、抗炎症剤の「プラノプロフェン」、寝る前に抗菌剤の「エコリシン軟膏」という数に。
次の受診は2週間後で良いし、その頃にはキズも治っているからそうしたら目ヤニ対策はステロイドを使ってみましょうと言われる。

3日ほどそれで様子を見たが、目ヤニは酷いままだし傷も小さくなる様子が無いどころかショボショボして開けにくそうになってしまう。
そしてやっぱり「トルソプト」が染みる様子。
これで2週間も様子を見て良いのか不安になり、セカンドを考えて病院を探す。
今度は「獣医眼科専門医」の資格のある先生で、通院することを考え都心ではなく私一人でも連れていける距離で予約無しで受診できるところを見つけて、緑内障発症からこれまでの経緯(使用している目薬など)をPCでまとめてすぐに受診。
キズが思ったより酷いようで先生一目見て「うわ~、なにこれ、酷いわ~。これ、そうとう痛いはずよ」と言われ、怜音に申し訳なくて「ごめんね」と言いながら泣きたくなる。
「コソプトはものすごく染みるんだから、キズがあるのにあんなの使っちゃダメよ~」とも言われる。
水晶体は確かに脱臼しているようだけど、まずはキズを治すことが先ということで、角膜保護のための犬用コンタクトレンズとカラー装着となる。
そして目薬は「トブラシン」という抗菌剤が出て、「1日4、5回、これだけ使って下さい。他の目薬は一切使わないで」との指示で、4日後くらいに受診することに。
帰宅して数時間置きに「トブラシン」を点眼。
夜中も目が覚めたので点眼。
この日の診察で、眼に関しては今後はこちらの先生にお願いしようと転院を決める。

翌日。
なんと!朝起きると3ヶ月も悩まされた目ヤニが無い!
この3ヶ月、あんなにたくさんの目薬も、一体何だったんだ・・・。
しかし目ヤニは無くなったもののショボショボ涙で目が開かない状態に。
こりゃイカン!と朝一で病院へ。
どうやらカラーを外している間にこすったか何かしてしまったようで、キズが悪化(涙)。
コンタクトは断念して「絶対にカラーを外さないように」とお叱りを受け、角膜注射をして目薬は変わらず「トブラシン」だけを点眼となる。
これは完全に私の責任。
コンタクトを気にする様子が無かったから、見ていられるときはいいかとカラーを外していた。
でもトイレ行ったりとかで100%見ていられるわけじゃないのだから、私の認識が甘かったと猛省。
ゴハンと水飲みの時以外はカラー装着したままとする。
この日はなんともないはずの左眼の下瞼の下垂がひどくて、右目ショボショボ、左眼下垂という状態。
ホルネル症候群が頭をよぎる。

翌日朝イチで受診。
目ヤニはすっかり改善し、透明のさらっとした目ヤニが少し出る程度になる。
右眼の状態は角膜注射の効果で前日より改善。
左眼の下垂のことを話すと先生も「ホーナー(ホルネル)症候群」のことはちょっと考えたとおっしゃる。
が、とにかく今は角膜のキズ。
右の眼圧はこの3日間23、30、27と緑内障の目薬を使っていた時と大きな変化は無し。
緑内障の目薬はドライアイになりやすく、そうすると感染やキズが起こりやすいので先生も悩むところとおっしゃって、「チモプトール0.25%」という薄めのチモが出る。
チモは1日3、4回、トブラシンは変わらず1日4、5回。
帰りにかかりつけに寄って、先生に簡単に経緯を話して、眼科を転院することを報告。
先生は「うちは眼圧計も無いし眼は難しいから、専門の先生にちゃんと診てもらった方が良い」とおっしゃって下さる。
この日は左眼の下瞼の下垂は見られず。

そして本日受診。
これで4日連続(私は3日連続で仕事お休み)。
右眼はさらに改善しており、かなり開くようになってきた。
眼圧は30。
ここで先生の見解。
右眼の脱臼はあるが、もうこれで固定されているんじゃないか。
やっぱり・・・。
実は私も前から「もしかして緑内障の目薬使わなくても眼圧変わらないんじゃないか。もうこの脱臼した状態が怜音ちゃんのデフォルトになっていて悪化も改善も無いんじゃないか」と思っていた。
そこで「チモプトール」を1日1、2回と減らすことに。
左眼の下垂も無いことを話すと右目のせいで左眼の神経に影響があったのかもしれないとのこと。
目薬も「そもそもあんなにたくさんの目薬は最初から必要ない」と言われました。
今度は少し開いて火曜に受診予定(私はまた休みます)
月曜はおとーさんが休んで見てくれることになりました。

ということで、前の病院にはもう戻りません。
眼に関してはずっとこちらにお世話になるつもりです。
もっと早く、目ヤニが改善しない時点で病院を変えれば良かったと後悔してます。
何しろ3ヶ月ずっと酷かった目ヤニが一晩で無くなったのですから、キズが出来る前にこちらの先生に診てもらえば良かったなーと思います。

右眼が開きませ~ん。
2018-DSC01103.jpg

ちょっと開く?
2018-DSC01106.jpg

しっかり開く時が多くなってきた!
2018-DSC01109.jpg
キズの凹みが元に戻るのには時間が掛かるそうですが、目ヤニも改善して緑内障もちょっと方向性が見えてきて、少し安心しました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年05月26日(土) 23:00
編集
なんだか、大変だったね~
みきさんお疲れ様です。

新しい眼科医さんが良さそうな感じでよかったですね。
エリカラも不自由だけど、
治るために怜音ちゃんには頑張ってもらわなくちゃだね。

落ち着いたら、また遊びにいきましょうね♪
2018年05月27日(日) 07:10
編集
非公開さん
愛犬ちゃん、心配ですね。私も2年以上そのモヤモヤした状態でした。ウンチも吐いた時も毎回チェックしているのに出た様子は無い。でもレントゲンでハッキリわからず。一体全体どこに行っちゃったの???
健康診断でレントゲン撮るたびに先生と「うーん」と頭を悩ませてました。
愛犬ちゃん、なんともなければ良いですね。

らてまま
おとーさんの誕生日もあったけど、それどころじゃなくてすっかり忘れてたよ。
今度の病院はHPも無くて口コミもほとんど無くて情報が少なかったんだけど、すごく良い先生だったよ。前の病院と同じ診断だったとしてもこちらの病院に変えたと思う。
らてちんも早く復活しますように!
2018年05月27日(日) 07:49
編集
ここまで来るのに色々とあったけれど、納得のいく病院が見つかって良かったね〜。
希望も見えて来たし、私もホッとした♪

病院を変えると、今まで原因不明だったことが判明したり、目からウロコだったりと、新発見が結構あるんじゃないかな(私がそうだった)。
まずはお目々の治療優先だけど、お鼻のカサカサとかも、何か手がかりが見つかるといいね。

2018年05月27日(日) 12:58
編集
オーブ母
いやはや、本当に長かった!でもダメだよね、こんなに時間かかってちゃ。
もっと早い時点で病院変えれば良かったとものすごく後悔したよ。
先生によってこんなに違うんだね。
眼圧にしてもなんとなく自分で感じてたことを先生もおっしゃって、なんかスッキリした。
早く良くなるように点眼と通院頑張るぞ!
2018年05月27日(日) 15:11
編集
みきさん、怜音ちゃん大変でしたね!て、この一言では言い表せないほど、大変だったと思いますが、、、
時間は少し掛かったかもしれないけど、みきさんの転院させる判断が良かったから( ^ω^ )
病院は飼い主の判断で決まっちゃうから責任重大ですよね!開腹手術も有りの、、、切ないし、辛かったですよね( ノД`)…
みきさんもだけど、怜音ちゃん本当によく頑張りましたよね!花丸だ~♡
怜音ちゃん、早く良くなりますように!
2018年05月28日(月) 13:07
編集
えりママさん
新しい病院で初めて先生に診てもらった時は、なんかもう半泣きでした^^;
病院選びって本当に難しいなーと痛感しました。
我が家はおっさんがそういうの無頓着なので、一人でもんもんと悩んでしまいました。
ちょっと時間がかかりそうですが、怜音ちゃんと頑張ります!
2018年05月28日(月) 17:36
編集
専門医に診てもらうって、大事なんですね。
人間だって目は眼科医に診てもらうんですから当然なんでしょうけど、
専門のとこは数も少ないし遠いし。
眼科に限らず、もうちょっと専門医が増えて欲しいです。

エリカラもかわいい怜音ちゃんだけど、早く外せるといいですね。
そしてまた山ガールでマーメイドな写真をいっぱい載せてくださいね。

2018年05月29日(火) 10:56
編集
ましまろままんさん
本当にもっともっと動物医療で専門医が増えて欲しいですね。
有名なT動物病院とかK動物病院行こうかとも考えちゃいました。
エリカラ、早く外せるようになるといいんですが、本犬が全く気にしてないので助かります。
しかしこれで突撃されるとちょっと痛いです^^;
2018年05月29日(火) 16:30










非公開コメントにする