サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP旅行 ≫ 根子岳に挑戦

根子岳に挑戦

週末、上田の旦那実家に行ってきました。
なんでも、イーモバイルにしてセキュリティソフトを入れたらネットに繋がらなくなったとかなんとかで、パソコンの設定をしに。

当然ながら、上田ですから実家に行く前に菅平で雪遊びです。
お天気が心配だったけど、雨は明け方までという予報だったので、とりあえず現地へ行って天気を見ようと菅平へゴー!
2013-DSC00401.jpg

先日履かせ方のコツをつかめたブーツ。
2013-DSC00402.jpg
早速試してみます。

そして本日の目的は根子岳
2013-DSC00404.jpg
裏ダボスからではなく、菅平牧場から登るコースです。

スノーシューも装着して、さぁ!行くぞー!
2013-DSC00407.jpg
左側には鉄線があって、その向こうは多分牧場のようです。

お天気は良くなかったけど、雨でなくて良かった。
2013-DSC00409.jpg
怜音はブーツがやっぱり気になるのか、歩き方は普通だけどちょくちょく止まってオスワリしちゃいます。
それにやっぱりしばらく歩いていると脱げてきちゃう。
もっと締めないとダメなんだ。
仕方ないので途中からブーツは無しにしました。

ブーツ脱いだらオスワリすることも無く、ガンガン進みます。
2013-DSC00410.jpg

やっと東屋に到着。
2013-DSC00411.jpg
東屋に立ってる案内図を見ると、根子岳山頂まで半分くらいのところに「現在地」とありますが、スマホの地図を見るとまだ1/4も来てないくらい(涙)。

頑張って行くぞー!
2013-DSC00413.jpg

お山の方は雲が出てます。
2013-DSC00415.jpg

さらに進みます。
2013-DSC00416.jpg

が、しかし!

重い雪質のせいか、やたらと疲れる。
コースも結構傾斜がある登りで、しんどいったらない。

山頂まであと半分というところで、私がキブアップ

くぅ~、入笠山も大幽洞窟も行けたのに、その2つよりも短い距離なのに、その2つよりすんげ~しんどい。。。
珍しく、おとーさんも「オレも疲れた」と言ってたから、キツイと思ったのは私だけじゃないんだ。
お山、特に雪山では「行けるところまで行こう」は禁物。
お天気も雲が出て怪しくなってきたので、ギブアップ地点で人間はスープ、怜音にはオヤツで休憩して、下山することにしました。
2013-DSC00419.jpg
下りは早い早い。
途中で、私が先頭を歩き怜音が前に出ないようにストックでけん制しながら下ります。
でも石割山と違って広い高原だから、油断すると怜音が横から前に出ようとします。

さぁ、ここで少し遊ぼうね。
2013-DSC00422.jpg
牧場横の広いスペースで怜音と遊びます。

おとーさんの投げる雪玉を追いかけて走って
2013-DSC00425.jpg

くんくんしたり、
2013-DSC00427.jpg

ホリホリしたり、
2013-DSC00428.jpg

飛んだり、
2013-DSC00429.jpg

ニカニカ笑顔でとっても楽しそうです。
2013-DSC00430.jpg

[広告] VPS


また来ようね。
2013-DSC00439.jpg

根子岳はまたそのうちチャレンジします。
それにしてもギブアップは悔しい~。

下山後は「さなだ館」という温泉へ。
しかし思いのほか腕も疲れてました。
頭洗ってたら腕を上に上げてるのがしんどかった(涙)。
雪が湿って重たい雪だったから、ストックにごっそり付くし、ストックの傘の上にも乗っかってストックが重くなっちゃうんですよね。
それに下山してる時に気が付いたけど、登りの傾斜が結構きつい。
一度無雪期に登ってみようかな。

本日のコースはこちら。


より大きな地図で 2013-02-02根子岳 を表示

往復で3.7キロ、2時間45分(休憩含む)かかってしまいました。
多分、登りだけで1時間40分くらい。それで山頂まで半分(涙)。
休憩してるとき、ポツポツとみぞれ?が降ってきたから下山して良かったと思うけど、やっぱり悔しい~。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment











非公開コメントにする