サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP山歩き川遊び ≫ 紅葉を見に 大菩薩テン泊 その1

紅葉を見に 大菩薩テン泊 その1

三連休初日の昨日、青梅街道をひた走り、
2013-DSC04722.jpg

着いたところは丸川峠分岐駐車場。
2013-DSC04723.jpg
時間は10時頃。
すでに駐車場はほぼ満車。
なんとか1台分のスペースを見つけて、停めることが出来ました。
はい!本日のお山は大菩薩峠です!
もちろんテント泊ですよーん。
2013-DSC04724.jpg
本日のザック重量、おとーさんは12キロ。

私は怜音グッズを入れたショルダーポーチ含めて9.2キロ。
2013-DSC04726.jpg
笠取の時より一食分少ないですが、防寒にと手袋や毛糸の帽子を持ったり怜音用のタオルもあって、笠取と同じくらいかちょっと重いくらいかな。

ここからまずはロッジ長兵衛を目指します。
コースタイムは1時間45分、私の予想は2時間。
先日の笠取山よりちょっと長いです。

頑張るぞー!!

大菩薩は当初テント泊デビューの候補地でした。
その時は長兵衛からスタートして福ちゃん荘でテン泊を考えてたのですが、長兵衛から福ちゃん荘までコースタイム25分。
いくらなんでもちょっと短いかな~と思い笠取をデビューの地としたのですが、今回は丸川峠分岐からのスタートなので笠取よりちょっと長くて、ステップアップにいいかなと。

では、行くぞー!
2013-DSC04729.jpg

すっごく寒いかと思ったのに、歩き始めたら暑くて暑くて、すぐにフリースを脱ぎました。
2013-DSC04733.jpg

怜音ちゃん、楽しそうに歩きます。
2013-DSC04737.jpg
やっぱりお山は楽しいね。
来年の手帳用に怜音の素敵写真を撮りたいのにうまく撮れない私を見かねて、おとーさんがカメラを持つことに。

おかげで私と怜音の写真が撮れました。うふ。
2013-DSC04740.jpg

所々倒木があったり、石(岩)が多かったりで、チビな私は大変です。
2013-DSC04745.jpg

大型ザック背負ってるので、体力に自信の無い私は最初からストック使用。
2013-DSC04750.jpg

紅葉と
2013-DSC04755.jpg

怜音のプレッシャーに励まされ
2013-DSC04756.jpg

歩き続ける事2時間弱、ロッジ長兵衛が見えてきました!
2013-DSC04758.jpg
私の予想通り2時間近くかかってしまいました。

ロッジ長兵衛は駐車場もいっぱいで、人もいっぱいでした。
2013-DSC04761.jpg

ここでお昼ご飯。
2013-DSC04762.jpg
おとーさんはきのこ汁とおにぎりのセット。

私はきのことナスのうどん。
2013-DSC04763.jpg
長兵衛にもテン場があるけど、私たちが目指すのは福ちゃん荘。
お昼を食べて休憩したら出発です。

長兵衛から30分ほどで福ちゃん荘が見えてきました!
2013-DSC04766.jpg
いや~、ちょっと疲れました。

テン場代を払って(1人300円)、コーヒー(私)と味噌おでん(おとーさん)で休憩して、テント張ったらサブザックでまた出発です。
2013-DSC04767.jpg
目指すは雷岩と大菩薩嶺です。

続く。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment

ホントにすごい
編集
いつも怜音ちゃんちの山登りには感心しています!
おとーさん、おかーさんも準備から山登り、テント泊、後片付けまで大変だし、怜音ちゃんも登る、登る(><*)ノ~~~~~

超楽しそう(^з^)-☆

モンは昨日、片道30~40分歩いて、イベントに参加して帰って来たのですが、今日も早寝しています。私も昨晩は夕食の支度を放棄して、外食にしちゃいました。

みきさん、体力に自信ないんですか~
おとーさんと比べて自信ないだけで、女子としては相当の体力の持ち主ですよ♪
2013年11月03日(日) 20:37
編集
モンブランさん
怜音は本当に山歩きは楽しそうですよ。
岩場を登ったり丸太組の橋を渡ったりは頭も使うし、野生動物のニオイもするし、良い刺激になってると思います。
実家の母が「あんなにヒ弱だったのに」とびっくりするくらい、私は本当に体力無し、運動神経無し、根性無しのインドア人間だったんですよ。
でもまだまだ。目指せ細マッチョなのです。
2013年11月04日(月) 17:22










非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL