サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP健康・てんかん ≫ 癲癇

癲癇

昨夜。
23時過ぎに2階に上がり、シッコさせて寝室へ。
23時20分頃、いつもと同じようにフードを数粒あげた後、電気を豆球にして就寝。
怜音もいつもと同じようにベッドに。
ウトウトし始めた頃シャカシャカという音が聞こえ、ベッドをホリホリしてるのかなと思ったら、おとーさんが1階から上がって来て怜音を指し示す。
電気を点けると怜音がベッドで横になったまま手足をバタバタさせている。
音は爪がベッドの縁をこすってる音だった。
一瞬夢見てるのかと思ったが、動きが激し過ぎる。

変だ。
痙攣?

よく見ると目は半目で顔の下の床には水たまりが。
ヨダレだ。
おとーさんと何度か声を掛けると痙攣がおさまって、怜音がベッドから出てきた。
が、フラフラして腰を抜かした感じでよろける。
怜音の下半身とベッドが濡れてる。
大量のオシッコがしてあった。
時間を見ると0時20分過ぎ。
しばらくヨロヨロした後は、ヒャンヒャン鳴きながら家の中を小走りに徘徊。
リビングに下りたり、また上に上がってサークル入ったり寝室に入ったり。
ベッドにも上がったりするが、全く落ち着かない。
何か不安そうにヒャンヒャン鳴く。
大丈夫だよ~と声を掛けたり抱きしめたりしてついててあげると、やっと落ち着いてきた。
落ち着いたところでフードを欲しがるので、仕切り直しで数粒あげてお休みなさい。

まさか、まさか、癲癇?

痙攣起こしてたのは2、3分ですが、その後落ち着くまで30分~40分かかりました。
朝は普通で食欲もあり、散歩も変わり無し。

今日は昼で早退して、午後から怜音を病院へ連れて行きました。
昨夜の様子を話して診て頂くと、先生は心音を聴いたりペンライトを目にあてて診ていましたが、目が光に対する反応が少し鈍いようだと言いました。
脳神経系の癲癇ではないかとのことでした。
発作が頻繁に起これば発作を抑える薬が出ますが、今のところ様子見です。
緊急時用に発作を抑える坐薬が出ました。
血液検査と糞便&尿検査もお願いしましたが、血液検査は外部に出す詳しいやつにしたので、これらの結果は後日。

次回発作が起きたら動画を撮って先生に見せよう。
枕元にカメラと携帯置いとかなくちゃ。
それから、発作を起こすパターンがあるかもしれないから日々の気温や変わった出来事など、色々メモしておくと良いと言われました。
なるべくノートに日々の事を書いてますが、これからはもっと気を付けて天気なども書くようにします。

こんな姿や


こんな姿。

いつもと変わらない怜音を見てると、昨夜のことは嘘みたいです。
何か悪夢でも見て寝ぼけたんじゃないか、このまま次の発作なんて起きないんじゃないかと思ってしまいます。

帰宅後、早速癲癇に良いというサプリ(ハーブ)をポチッとしました。

このまま発作が起きなければいいな。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment

編集
今見てビックリしています。
woofではあんなに元気で普通に遊んでいたのに・・。
始めてですか?
大した事ではない事を祈ります。
ピンキーが逆さくしゃみの時それを知ずに、
このまま息が止まるのかと思い、急遽御殿場の病院へ
駆けつけ、その時の「動画」を先生に観ていただいたら
何の検査も無く、「これは、逆さくしゃみで何の心配もいりません」と言言われ、何んか間が抜けた感じでした。
「動画」は絶対いいと思います。

怜音ちゃん、みきさん、パパさんどうぞ〃お大事に。
2014年01月15日(水) 23:57
編集
みきさん、こんばんは(^O^)
怜音ちゃんとても心配です!!
我が家の愛犬も去年の10月に突然…から今月で、4回泡吹いてます(>_<)
病院には2回連れて行ってますが、今は様子見です。
先生に「てんかんでしょうか?」って聞いたのですが、「脳の検査をしてみないと、そうとは言いきれない…様子を見ましょう。頻繁に起こるようなら又連れて来て下さい」と言われました。発見した時はいつも、口のまわりがベトベト泡つけた状態で、痙攣した後なのかハァハァしてて、何かキョトンとして、お漏らしの後が…
現場を一度も見た事無いけど、状態から(ネットで調べた)てんかんを疑ってます!近々Webカメラを設置する予定です。 みきさんご夫婦は実際現場を見られた訳で、苦しむ姿は信じられないと同時に、可哀相で辛かったでしょ…!(;_;)痙攣起こしてる時は、ただただ見守ることしか出来ないから!私は動画を見て、愛犬もこの動画のように苦しんでいるのかと思うと可哀相で、凄く辛くなりました!!(;_;)怜音ちゃんが、また痙攣起きない事を願ってます!!!
2014年01月16日(木) 01:45
編集
補足…度々お邪魔します。
ネットで調べたら分かりますが、てんかん(脳の異常)症状 …発作後は少し落ち着いて、何事も無かったように普通になるそうです。
2014年01月16日(木) 01:56
編集
samozukiさん
私たちもびっくりしました。こんなこと初めてです。
動画はいいですね。気管支炎の時も動画を見せて気管支炎と診断されたので、今度も可能であれば動画を撮りたいと思います。
もうカメラが手放せません^^;

タマさん
なんと!タマさんの愛犬ちゃんもなんですね。
怜音もまだ頻度がわからないので様子見です。
同じですね、全く。床にも口周りにもヨダレがあって、痙攣の後はハァハァしてオシッコ漏らしてて・・・。
発作の後は全く普通でした。あんなことがあったなんて信じられないくらい普通に目をキラキラさせて「フード頂戴」でした。
幸い私たちがいる時だったので、様子を見ることが出来て病院でも説明出来ましたが、そうでなければ元気な状態に戻っているから難しいですよね。
痙攣中は見守ることしかできないので仕方ありませんが、その後のパニック状態の時がとっても可愛そうでした。声を掛けても全くダメで、不安そうにヒャンヒャン鳴く姿はこちらも悲しくなりますね。
でも飼い主が慌てたりするのがまた不安を与えてダメなんだそうなので、なるべく冷静に落ち着いて対処しようと思います。
とは言っても、やっぱり「うわぁぁ~、落ち着いてくれぇ~」って思いますが。
タマさんもお辛いですね。お互い頑張って愛犬のためにもニコニコでいましょう!
2014年01月16日(木) 08:41
編集
あのお目目キラキラ怜音ちゃんが、うつろな目で…
その時の状況を考えただけで、心臓がキューっとなりました。

我が家も、オーブの腰が抜けて立ち上がれない状況は動画で撮って、先生に診てもらったけど、口で説明するよりも確実だもんね。
どうかもう発作が起きませんように。

偶然だけど…
怜音ちゃんが大変なとき、まさにその時間。
オーブも部屋をウロウロ、寝てる私を何度も起こしに来て、これはおかしい、と様子を見ていたら…下痢でした。
ねーちゃんの不調を察知したのか???
2014年01月16日(木) 09:14
編集
ええっ…。
みきさん、おとうさんは心配でたまらないでしょうね。
でも、どうか今回だけのことですむように、たいしたことのないように、みんなが祈ってます。
怜音ちゃんも初めてのことでびっくりして不安だったのでしょうか。でも、みきさんとおとうさんがそばにいてくれたこと、抱きしめてもらえたことは、怜音ちゃんにとってどれほど心強かったか、と思います。
いつか「あの時はびっくりしたけど、あれっきりだよね。よかったねー。」って笑って話せますように。
2014年01月16日(木) 09:29
編集
みきさん…
怖いですね。今読んで、胸がドキドキしてます。
心配だ。
原因がわかって、その症状に合った対処が出来るといいですね。
動画撮影頑張ってください。
出来れば、もうおきないのが一番ですけど。
2014年01月16日(木) 17:25
編集
Yoshitakeさん
そうそう、気管支炎の時も動画を見せたら即レントゲンになったから、動画っていいよね。
オーブ、怜音の異変を感じたか?!さすが舎弟(笑)。
今のところ怜音に変わりは無いから私も冷静だけど、何度か発作を起こしたら仕事辞めちゃうかも^^;

ましまろままんさん
さすがに今回はおっさんも心配になったらしく、ネットで色々調べたようです。二人で「こんなこと書いてあった」とか「こういう場合もあるんだね」とか、大体チェックしてるサイトが同じだったりして(笑)
本当に「そういえばあんな事あったね」と笑って言えるようになるといいなと思います。

らてまま
癲癇て、脳や他の臓器とかに異常が無い場合、つまり原因不明のものを癲癇と言うらしい。
だから検査も癲癇かどうか調べるというより、他の病気が無いかの消去法なんだって。
怜音は食欲も元気もあるし普段ふらつくこともないから、おそらく「他に異常無し=癲癇」てことみたい。
MRIとかは持ってる病院が限られてるし全身麻酔になるから、よほどの場合じゃないとやらないみたい。
ただ発作を起こすシチュエーションとかきっかけとか、パターンがあるかもしれないから日々のチェックを怠らないようにしなくちゃと思ったよ。
2014年01月16日(木) 18:51
編集
怜音ちゃん、、、そんなことがあったのですね。びっくりしました。
突然の発作、心配ですよね。
どうかもうこのまま発作が起きないよう、心から祈っています。
2014年01月16日(木) 23:32
編集
ラスママさん
ありがとうございます。
サモエドの病気や疾患として股関節や胃捻転は頭にありましたが、てんかんはまったく想定外でした。
人間なら自分で自覚も持てるのでしょうが、犬は自分の身に何が起こったか理解出来ないので、それが可哀想ですね。
あまり心配し過ぎてもその雰囲気を察してストレスになるので、いつも通りにニコニコで接するように気を付けてます。
2014年01月17日(金) 10:40
編集
やっとリンクのやり方がわかってきました。
リンク、はらせてください。
よろしくお願いします。
2014年01月17日(金) 11:44
編集
怜音ちゃん、心配ですね。
サモエドは、癲癇の多い犬種です。
癲癇の症状もいろいろあり、飼い主が気がつかないパターンもあるようです。原因のわからない発作も多いです。ベルクも癲癇持ちで脳のMRIまで撮りましたが、結局わかりませんでした。
ベルクの発作も数分でしたが、1時半から2時間、ウロウロしていました。
みきさんのおっしゃる通り、発作が起こるきっかけがないか、とにかくいろんなことをメモすることが大切です。
私も発作のきっかけを掴もうと観察しましたが、結局わかりませんでした。ベルクは関係ありませんでしたが、潮の満ち引きもメモをしておくことをお薦めします。今は時期ではありませんが、遠い南の海で台風が発生してもそれがきっかけとなることもある、と聞いたことがあります。
それにしても、とにかく今後、発作が起こらない事を祈ります。
2014年01月17日(金) 14:51
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年01月17日(金) 16:07
編集
ラビさん
実は怜音の発作が癲癇ではと思ってから、ベルクさんの旧日記を読みまくってます^^; というより以前から拝見してたので、すぐに癲癇か?!と思いました。
そのベルクさんがまだまだ元気でいるのはすっごく心強く、日記もとっても参考になります。ありがとうございます。
気圧の変化や気温の変化、え!これで?!と思うことも原因だったりするようですね。先生にもとにかく色々メモしておくようにと言われました。
発作はまだ1回だけなので、今後頻繁に起こるようならMRIも考えてます。
何しろ言葉の話せない犬ですからね、こちらが最大限気を付けてあげなくてはと思います。

非公開さん
頻繁に発作が起こると脳も心臓など肉体的にもダメージを受けるので薬を使うことになりますが、1ヶ月に1回程度までだったら何も処置無しだそうです。薬は肝臓への負担が大きいから、このまま薬を使わずに済むといいんですが。。。
2014年01月17日(金) 19:11










非公開コメントにする