サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPお出掛け ≫ あじさい山とおうちシャンプー

あじさい山とおうちシャンプー

久しぶりにお出掛けです。
と言っても地元ですが^^;
今日のお出かけは「南沢あじさい山」です。
2014-DSC02677.jpg
こちらのお山は南沢さん所有のお山で、南沢さんが長年育てたあじさいを一般公開してるのです。
入山料として1人300円(駐車場は無料)で、あじさい山を散策できます。

久しぶりのお山に怜音も嬉しそう。
2014-DSC02679.jpg

4年前に一度来て翌年はあじさい満開にはちょっと早くて、その後は梅雨時とあって週末の天気に恵まれず来てませんでした。
2014-DSC02680.jpg
わぁー、綺麗。

今日は天気も大丈夫そうだし、お山のあじさいは丁度見頃で良かった。
2014-DSC02681.jpg

あじさいは約1万株もあるそうです。
2014-DSC02682.jpg

五日市駅裏の金毘羅山への登山道にもなっているので、登山客の方もいましたよ。
2014-DSC02687.jpg

今度はここから金毘羅山へ行って戻ってくるのもいいな。
2014-DSC02688.jpg

2014-DSC02690.jpg

2014-DSC02692.jpg

2014-DSC02698.jpg

せっかくなので、あじさいエリアをちょっと外れてお散歩です。
2014-DSC02702.jpg
入りたいみたいだけど、底がドロドロなので止めて下さい。

怜音ちゃん、車から降りたら嬉しそうにタッタッタと歩き出して、やっぱりお山は楽しいみたいです。
2014-DSC02709.jpg
5月6月は発作もあったし、お天気も雨ばかりだったから全然お出掛けしてなかったもんね。

可愛い足跡。
2014-DSC02710.jpg
早く涼しい季節になってお山に行きたいね。

最後は川に入って
2014-DSC02714.jpg

涼んでくださいな。
2014-DSC02716.jpg

「深沢小屋」でコーヒーブレイク。
2014-DSC02717.jpg
楽しかったね。

帰宅したらマイプールで砂を落として、
2014-DSC02718.jpg

ひと休みしてから、思い切って、おうちシャンプーしました。
2014-DSC02724.jpg
↑ドライヤー前で生乾き。ちっちゃい!
発作が怖くてなかなかシャンプー出来なかったのですが、お薬のおかげか発作も無いし安定しているので勇気を出してシャンプーです。
本当はプロシャンしたいけど、まだお店に出すのは怖い。
発作起こしたら申し訳ないですからね。
発作無しが1ヶ月とか2ヶ月とかになれば、お店に頼もうかな~。
5月に買った無香料の「ココシャン」、初めて使いました。
口コミ通り泡立ちが少なくて洗えてるのかどうかイマイチ分かりにくいのですが、その分すすぎ時間が短くて済みます。
無香料なのでシャンプー後の良い香りはしませんが、無添加だし成分も安心なものばかり。
洗ってすすいでタオルドライで30分。
多少は綺麗になったかな。
怜音、お疲れ様!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment

編集
へぇ~、ステキなところだね♪
うちも行こうかなあ。(っていつだ?)

怜音ちゃんも久しぶりのお出かけで嬉しそうだね~。
発作も落ち着いてるし、シャンプーもできたし、みんなHappyだね♪
2014年07月07日(月) 11:48
編集
こんばんは~(^O^)
怜音ちゃん落ち着いてますね(^O^)
薬常用…多少心配もあるけど、発作の姿見る事考えたら薬のお陰で安心は出来るかな~なんて!
我が家も薬の量が増えたけど、今は落ち着いてますョ(^O^)
怜音ちゃん得意のカッパ姿は癒やされます(^_^)v
可愛い~~(*^o^*)
2014年07月07日(月) 23:11
編集
Yoshitakeさん
あじさい、綺麗だったよ。
下界は満開でもお山はまだだったり、雨だったりで行くタイミングが難しいけど、今年は見に行けたよ。
他の方々に「可愛い」とか「見てるだけで幸せな気分になるわ~」(!)とか、怜音は大人気だった(*^_^*)

えりママさん
発作無し記録更新中です~。
と言ってもまだ3週間ですが^^;
基本一生飲み続ける薬、飲み忘れたら危険などなど、やっぱり不安はありますが発作が起きないのは嬉しいですね。
週末の台風も乗り切れるといいのですが。。。
カッパ姿は他の人にウケてました(^O^)
2014年07月08日(火) 14:13










非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL