サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP健康・てんかん ≫ 犬の癲癇

犬の癲癇

MRIを撮った時に脳脊髄液の検査もして、結果は後日ということだったのですが、電話があるのか郵送でくるのか聞かなかったら何の音沙汰も無いので、メールで入間の病院の先生に問い合わせていました。
そして今日お返事をいただきました。

結果は、異常無し!

ということで、「やはり突発性癲癇でしょう」とのことです。
とりあえず肉体的には異常無しということで、これまた安心しました。
発作はあれから一度も起きておらず、発作無しも3週間を超えました。
やっぱり薬が効いてるのかな。

怜音の発作は頻度こそ1ヶ月に2回になってしまいましたが、程度としては軽い方だと思います。
なので投薬を迷っていたのですが、専門の先生曰く「たとえ部分発作でも1ヶ月に2回(または2ヶ月に3回)起きたら投薬治療をした方が良い」とのことです。
かかりつけの先生も、私が投薬を嫌がってたので強くは薦めませんでしたが、やはり最初の時に「なるべく早い時期に薬を始めた方が良い」とおっしゃってました。
ネットで色々調べると

早期に治療を始めた場合、長期に単一薬剤でのコントロールが行いやすい。

早期の治療開始で軽快する。

早期に治療を開始しないと発作の起こる間隔が短くなっていき、最終的には数時間おきに発作が起きる状態になる。発作の起きる間隔が短くなればなるほど、てんかんは重症となる。


という記述がありました。
また、↓こちらは人間の癲癇についてですが、

子どものてんかんでは発症早期に治療を開始することができれば高い確率で発作を抑制することが可能とされている。逆に、未治療の期間が長ければ長いほど薬物療法で発作を抑えることが難しくなってくると考えられている。てんかんの早期治療の重要性はここにある。たとえ発作が軽くても、それが繰り返し起こればやがて脳が発作になじんでしまい、治るのが難しくなる。てんかん発作が現れたら、早期に薬物療法を開始し、できるだけ脳を発作にさらさないようにすることが重要。

犬の癲癇でも、やはり早期に治療(投薬)を開始した方が良いのだろうな。

********************************

今日はフル装備でお散歩したけど、暑すぎ!



短めにして、おうちでプール(大)のサービスしちゃいましたよ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Comment

編集
なるほど、勉強になります。
つまり…、怜音ちゃんの投薬は大正解だったってことですね!
不安はあっても、きちんと調べて、検査して、冷静に判断して、しっかりお薬のませる。
基本的で重要なことだけど、なかなかちゃんとできることじゃないと思います。本当に尊敬しちゃいます。

そして、ああ、今日は暑かった…。
2014年07月11日(金) 22:07
編集
みきさん こんばんは~(^O^)
確かに投薬は余り…と、思っていたけど、半年に一度の血中濃度をしらべる検査をするからそんなに心配ないみたいだし。発作を起こす回数が多ければ、それだけ脳にダメージが来るみたいだしね…
投薬は正解だと思います(^O^)
お互いがんばりましょうo(^-^)o
2014年07月11日(金) 23:15
編集
みきさ~ん おはようございます(^O^)
今朝又発作起こしちゃいました(T_T)
5月30日に薬増量になってまだ1ヶ月と2週間やっぱショックです(T_T)
薬飲み始めは3ヵ月大丈夫だったから、増量になって、せめて3ヵ月はもって欲しかったなァ~
2014年07月12日(土) 09:25
編集
ましまろままんさん
副作用の心配は拭えませんが、重積や群発発作になるのも怖いのでやっぱり良かったのかなと思います。
幸い脳にこれまでの発作の影響はなかったようだし、薬も効いてくれるといいのですが。

えりママさん
うーん、発作起きちゃいましたか。
なかなか癲癇て難しいですね。怜音もまだ3週間なので喜べませんが、そうですよね、せめて3ヶ月くらいは間が空いて欲しいですよね。。。
少しでも間が空くよう祈ってます!
気を取り直して頑張りましょう!
応援してます!!
2014年07月12日(土) 11:29










非公開コメントにする