サモエド怜音のいる暮らし

サモエド怜音(れいん)にメロメロな共働き夫婦の日常
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 健康・病気
CATEGORY ≫ 健康・病気

お薬

昨日の朝散歩。
2017-DSC03254.jpg

今日の朝散歩。
2017-DSC03268.jpg
朝はしんどそう。
でも「お散歩行こう」と言うと玄関まで行くので、行く気はあるようです。
一番短いコースだけど。

ゴハンの時はこんなにパッチリお目目で良いお顔するのになー。
2017-DSC03261.jpg

笑顔だって出ちゃうのにね。
2017-DSC03262.jpg
ま、ゆっくり行こう。

*******************************

怜音ちゃんの甲状腺ホルモン剤、「レベンタ」
2017-DSC03263.jpg
液体です。
錠剤に比べるととってもレボチロキシンの濃度が高いので、なんと「劇」の字が。

付属のシリンジで体重に見合った量を与えるのですが・・・
2017-DSC03258.jpg
甲状腺機能低下症って大型犬に多いって話があるらしく、それ前提で作られた薬なのかシリンジの目盛も大型犬向け。
2.5kgきざみでしか目盛が無いの。
先生も小型犬には錠剤を処方するって言ってました。
レベンタ、1日1回投与のところを、怜音ちゃんは最初に水下痢になっちゃったので(レベンタのせいではなく、たまたまかもしれないけど)、先生に相談して1回分を朝晩2回に分けてあげてます。

かかりつけの病院ではチラージンは1錠100円でした。
怜音の体重だと1回2錠の1日2回。
とゆーことは1日400円で、1ヶ月だと1万超え。
一方レベンタは1本8000円でした。
高い!と一瞬思ったけど、投与量が非常に少なくて済むので、怜音の体重でも2ヶ月以上は持つ計算に。
断然お安い!
(しかも後でネットで調べると8000円て病院処方としてはかなりお安い方のようで、1万2000円とか1万4000円という話が多かった)

夜、おもちゃをハムハムする時も出てきました。


あ、持ってきた。

朝散歩も元気に出来るようになりますように!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

体調不良の原因(長いです)

怜音ちゃん、少ーし元気になってきた気がします。
食欲だけはバリバリあるので、投薬がラクチンで助かります。

怜音ちゃんの異変を感じたのは先月の終わり頃、お耳の治療が終わって数日後の夜のことでした。
エアコン効いて、そんなに暑くないのにハァハァしてて、足取りがちょっとヨタヨタしてたのです。
翌日朝一で病院へ。
エコーでは腎臓、肝臓、門脈などなど異常無しでしたが、心臓の収縮率が低いのと脈が遅いことが判明。
考えられるのは「拡張型心筋症」か「甲状腺機能低下症」で、春の健康診断でT4とFT4が低かったことを考えると(その時は元気で症状が何もなかったで様子見)、おそらく「甲状腺機能低下症」だろうという診断でした。
確定診断のため、血液検査をお願いしました。
怜音は脱毛や皮膚の色素沈着などのわかりやすい症状はありませんでしたが、甲状腺ホルモンは全身の機能に影響するので徐脈や筋力の低下などにも現れることがあります。
それに顔がね、あの甲状腺機能低下症の特徴と言われる「悲嘆顔」というんですか、本当に笑顔がなくて辛そうな浮腫んだような顔。
症状があるので血液検査の結果が出る前に、先にお薬を少量から始めることにしました。
翌日には結果が出て(先生、すぐに検査機関に出してくれたようです)、やはりT4とFT4の値が基準値を下回っていると。
というわけで、今はお薬で様子を見ているところです。
お薬は途中から、錠剤のチラーヂンから液体のレベンタに変更。
レベンタをあげた翌日、水下痢になってしまったので、先生に相談して規定量の半分というごく少量から少しずつ増やしています。
ネットでは「お薬始めて日に日に元気になっていく」という話が多くて、なかなか症状が改善しない様子を見てとても心配しました。
なにしろ足に力が入らず、立ち上がろうとしてずりっとつぶれるし、歩くのもヨタヨタして後ろ足がもつれる感じで、階段の上り下りも出来なくて、私が抱っこ。
当然お散歩も出来なくて、たまにお庭を散策の日々。
血液検査の結果ではクッシングやアジソンなど他の病気が疑われるものは無く、心臓のバイオマーカーもやりましたが結果は異常無し。
心不全や心疾患は無いと考えられるので、やはり甲状腺ホルモンの影響と思われます。

少し前から後ろ足がもつれなくなって、階段も危ないながらも自分で上り下り(必ず付き添います)出来るようになりました。
お散歩も朝散歩を再開。
5分のコースをノロノロだけど行くことが出来たり、家を出て数メートルで帰宅することもあって、まだ波がありますが、おとーさんが帰ってくると玄関までお出迎えしたり、夜おもちゃを持ってきたりする時も出てきたので、本犬も少しラクになってきたのかなーという感じです。

最初の頃は本当に酷くて、このまま衰弱して寝たきりになってしまうんじゃないかとても心配でした。
ネットで甲状腺機能低下症について調べまくったり、セカンドも考えたり、大学病院とか設備の充実してるとこで詳しく調べた方が良いのかと悩んだり。

酷い頃↓
2017-DSC02963.jpg
床を舐めているのではなくて、頭が垂れたままハァハァとパンティングしているのです。

こんな感じで、顔もしんどそうでした。
2017-DSC02980.jpg

口を閉じて寝てるときは、見た目変わらないんだけど。
2017-DSC02982.jpg

少し呼吸がラクになってきたかな。
2017-DSC03152.jpg

ゴハンの時はお目目キラキラ。
2017-DSC03168.jpg

今、ちょっと思うのは、癲癇を発症する前の何も問題なく元気な時にも、甲状腺ホルモンの検査をしておけば良かったかなーということ。
怜音の通常値がどのくらいなのか、異変があればそれと比較できるから。
でも元気だとそこまでやりませんよね^^;

甲状腺ホルモン剤の投与で、「元気消失は1~2週間くらいで解消」と言われてますが、怜音ちゃんの場合は元気無いどころじゃなく歩行困難と言っていいくらいの状態だったので、ちょっと時間がかかるかなーと思ってます。
お薬も数日前からやっと体重に見合った量にしたところだし。

そうそう、不思議と癲癇の発作が6月終わりに起きたのを最後に全然起きてません。
それが本当に幸いです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

ご無沙汰です

どもども。
久しぶりの更新です。

実は怜音ちゃん、先月末から体調を崩しており、いまだ復活には至らず。
命がどうこうするものではないのですが、色々検査をしてお薬を調整しているところです。
ちなみに食欲は変わらずバリバリあります(笑)
体調不良は持病の癲癇とはまた別の問題なのですが、その癲癇の発作が何故だか6月の終わりに起きたのを最後に今のところ起きていないのがありがたいです。
そんなわけで、夏休みもお出掛けせずに引きこもりでした。

ブログも更新が滞りますが、怜音ちゃんが元気になったら詳しくブログに書こうかなと思ってます。
でもちょっと今回は長期戦になりそうな予感。

怜音ちゃん、早く元気になりますように。

それにしても・・・
私は昨日から仕事で、おとーさんはまだ夏休みだったので「よく怜音ちゃんを見ててね」とお願いしたら、本当に見てるだけ!
トイレシーツは交換してないし、ウンコした後のお尻も拭いてないし・・・。
まったく!


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

お耳、その後

お耳の飲み薬のステロイドが終わるので、昨日は仕事から帰ってから怜音ちゃんを病院へ連れて行きましたよ。
お薬始めてすぐに頭を振ったりはしなくなり、診察の結果も「綺麗になってます」とのお言葉を頂けました。
でも点耳薬は残ってる分を回数を週2回に減らして、続行です。
飲む方が無くなっただけでも良かった~。
ステロイドの副作用で、昨夜も夜中にやたらとお水を飲んでたので、眠れないんじゃないかと心配でした。
これで少し落ち着けばいいな。
そして他にも相談。
5月の大腸炎以来、お腹の調子が落ち着きません。
下痢して薬飲んで止まって良いウンコが出るようになって、でも薬止めて1週間もするとまたウンコが緩くなってきてその後下痢。
この繰り返しです。
IBDとか蛋白漏出性腸症とか免疫系かとか色々考えて先生に訊いたのですが、

私 「先生、吐いたり食欲落ちたりとか全く無いんです」(苦笑)
先生 「そう、そうなんですよね~」(苦笑)

ヘソ天で寝てるからお腹痛いとか無さそうだし、他に症状が無く、また処方した薬で止まるのだから、やっぱり強いて病名を言えば「ストレス性大腸炎」ということになると。
ここ数日のウンコの写真を見せて、昨日から少し形になってきているのでこのまま様子見となりました。
酷くなって薬でも下痢が止まらなくなったら、レントゲンや血液検査、また他の病院になるけど内視鏡とか検査を考えることにしました。
昨日はウンコを食べちゃったので持っていけなかったのが残念。
食べたということは多少なりとも形のあるウンコだったんだろうな~。
今日は午後出たウンコは、まだ軟らかいけど一応形になってました。
このまま回復するといいな。
今は形になりつつあるので、薬は飲まずビオフェルミンをあげて(ポリポリ食べてくれます)、考えられる原因を潰しているところです。

今朝の散歩は起きられなくて6時近くになっちゃった。
2017-DSC02884.jpg

食欲はバリバリあります。
2017-DSC02888.jpg

下痢対策ゴハンにしているので、少なめですが。
2017-DSC02889.jpg

体重も落ちちゃったけど、ま、増やすのはあっちゅー間だから、今は下痢を治すことを考えよう。
2017-DSC02891.jpg
あ、発作も今のところ落ち着いてます。
これは嬉しい。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

連休初日は病院へ

この3連休も暑いですね。
朝散歩、5時過ぎにしても暑くて暑くてまいります。
夜も9時頃出たりしてるのですが、それでも暑いときは夜散歩無しにしたり、もう本当に困ります。

この3連休も毎日30℃超えの猛暑。。。
金曜の夜までに予定を立てなかったので、土曜はエアコンで涼しくした部屋でひたすらゴロゴロ。
夕方からは怜音ちゃんを病院へ連れて行きました。

なんだか5月の大腸炎以来ちょこちょこ病院のお世話になってるな~。
今回はお耳。
少し前から右耳が汚れやすくて掃除もしてたのですが、土曜の明け方、寝ている怜音がしきりに頭を振っている音がしました。
寝ながら頭降るから、頭を床や壁にぶつけるんですね^^;
起きてみると怜音の右耳が「アトム状態」
少し前のらてちんと同じ感じ。
耳掃除して様子を見てたけど、「アトム状態」は直らず、頭もちょくちょく振るので夕方病院へ行きました。
ちなみに痛がったり掻いたりはしていませんでした。
診て頂くと、耳の奥が少し汚れていて手前側は少し赤くなって炎症を起こしているようでした。
耳洗浄して、内服薬と点耳薬が出ました。

帰ってきてグー。
2017-DSC02789.jpg
部屋の方がエアコン効いて涼しいのに。

内服薬はステロイド(涙)
夜には耳の位置は元に戻って頭を振ることもなくなりましたが、ステロイドのせいかお水をよく飲みます。
ステロイドは7日分出たので、終わったらまた病院へ行こうと思います。

暑いけど川遊びは当分無しだなー。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村